生きた細胞使った精子型の超小型ナノボットの開発に成功、顕微鏡で見なければ確認できないほどの大きさ!医療分野で期待 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

生きた細胞使った精子型の超小型ナノボットの開発に成功、顕微鏡で見なければ確認できないほどの大きさ!医療分野で期待

001009

生きた細胞使った精子型の超小型ナノボットの開発に成功、
顕微鏡で見なければ確認できないほど小さい!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



Free Image Hosting at www.ImageShack.us

米国イリノイ大学のTaher Saif教授をはじめとする研究者グループが、
精子をモデルにした画期的なナノボット(ナノマシン)を開発
ナノボット(ナノマシン)は、顕微鏡でなければ見えないほどの小さな機械装置の
ことで、医療分野での利用が期待されている。

Saif教授らが開発したナノボットは、次の2点で画期的だ。
まずは、精子と同じような形をしている点。ナノボットを医療用に使う場合、
体液の中で自由に移動できる能力が必要になってくる。ところが、粘りのある体液は
抵抗が大きく、その中で動き回ることは容易ではない。
そこで研究者たちは精子に注目した。精子は体液の中を易々と動き回る。
その秘密は、1本の鞭毛(精子にある尻尾のような毛)にある。鞭毛を波打つように
動かすことで、少ない抵抗で、効率よく推進することができるのだ。
研究者たちはこれを参考にして、ポリジメチルシロキサンというポリマー樹脂を鞭毛に
した精子形のナノボットを作った

もう1つの画期的な点は、この鞭毛を動かす動力源として、生きた細胞が
使われている
という点だ。開発されたナノボットには培養された心筋細胞が
くっついていて、それが収縮することで鞭毛が動く仕組みになっている。

「初歩的なバイオハイブリッドで泳ぐこのナノボットは、より高度なバイオマシンを
開発するためのプラットフォームとなるだろう」と、研究者たちは
「Nature Communications」の論文の中で述べている。
http://irorio.jp/sophokles/20140122/105006/

精子についているあの尻尾みたいな奴は、意外と大事なものだったのですね。
顕微鏡レベルの超小型ナノボット、これからの医療分野での活躍に期待です。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

004008
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST プレミアムGサウンドエディション

★オススメ記事
【超朗報】合法オンラインスロットーキターーーーーー
ロリ系娘を犯しまくった結果・・・
エロゲーにハマり過ぎた結果wwww
めちゃくちゃシコれるエロゲって何よ?あ…無料エロゲでオナシャスw




コメント

  1. 名無し

    下ネタ

  2. 名無し

    ナノマシンきたー!

  3. 名無し

    4000年後ターンAに一歩近づいたな

  4. 名無し

    でもこのナノマシンじゃ何もできんのじゃ

  5. 名無し

    ターミね~たー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング