広島土砂災害、土石流が最高時速144キロに達していた可能性 逃げる間もなく被災か | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

広島土砂災害、土石流が最高時速144キロに達していた可能性 逃げる間もなく被災か

s674733886

広島の土砂崩れ、相当なスピードで押し寄せたようです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


sdwe

(一部省略)
広島市の土砂災害で最も被害が大きかった安佐南区八木3丁目で発生した土石流
は、山肌を1キロメートル流れ下り、最高で時速144キロに達していた可能性がある
ことが25日、広島工業大の菅雄三教授(測量学)の調査で分かった。土石流は流れ
始めてから1分とかからず住宅地に達したといい、被災者が逃げる間もなく大量の
土砂に襲われていた様子がより鮮明になった。

衛生写真のデータから土石流の起点や斜面の角度などを解析した上で、被災者の
目撃証言なども考慮し、シミュレーションした。

衛星写真の画像を専用ソフトで三次元に変換し、土石流が発生した阿武山(標高
586・4メートル)の中腹地点から、被害を受けた裾野に広がる八木3丁目の
住宅街の地形を解析した。

土石流の起点を確認したところ、4合目付近の標高261メートルの地点から土砂が
流れ始めていた。土砂は20~28度の急斜面を加速をつけながら一気に流れ落ち、
標高64メートルの住宅地が始まる1合目付近に到達。流失したアパートや民家、
多くの人命を飲み込みつつ、標高12メートルの地点にあるJR可部線付近で
止まっていた。

起点から終点までの距離は1060メートル。被災面積は3万3893平方メートル
に上ったという。

土石流の速度については時速36キロ~144キロと推定した。算出に際し、衛星
写真のデータ解析から判明した斜面の角度や土石流の量に加え、現場から重さ
数トンの岩石が見つかったことや、被災者の「あっという間に流れてきた」という
目撃証言も考慮したという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000547-san-soci

005442
プロが投げるストレートくらい。チーターより速い。ひとたまりもないですね

これは逃げるのは無理
土砂くずれの可能性がある山の麓には住まないことが唯一できる自衛策だね 

逃げるというより住むのことを考えて欲しい。住み慣れた土地だけど
毎回毎回事前に避難できるのか。

こんなに速く流れるもんなのか
速くても一般道を走る車くらいだと思ってたけど、
そりゃ逃げられないわ、怖いな 

相当なスピードになっていたんですね・・・。想像を絶します。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
P025293_s
(広島土砂災害) 死者52人に、不明者は10人減って28人に
 


コメント

  1. 名無し

    最近はそういう速度まで推定できるのかすごいな

  2. 名無し

    広島市があんなに山だらけだったってことも、今回の災害ではじめて知ったわ。

  3. 名無し

    ドッシャーって流れてた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング