週休2日制は効率悪い! そもそも1週間=7日が不自然、週4日労働制の方が効率良いと判明 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

週休2日制は効率悪い! そもそも1週間=7日が不自然、週4日労働制の方が効率良いと判明

P025340_s

週4日労働制の方が効率いいことが判明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


2

世界中で「1週間に5日間働いて2日休む」という週休2日制度が導入されており、
週末が近づくと「もうすぐ休日!」と1週間の終わりを感じるわけですが、
そもそも「1週間」という周期が自然な周期ではないということが
The Atlanticで指摘されています。
そこで「週4日労働制の方が効率が良くなる」ということが、
実際に導入した企業の事例と共にCityLabでまとめられています。


◆週5日労働制の起源

1

世界中で「7日間」は1つの周期として捉えられていますが、
1991年8月にWitold Rybczynski氏がThe Atlanticで
「自然現象は7日間ごとに生じないため、7日周期は不自然である」と説明しています。
1年が365日間なのは地球が太陽の周りを1周する時間であるため、
自然な周期と捉えられていますが、1週間が7日間であることは
人工の周期であるとのこと。

4000年前のバビロニア人は、太陽系に7つの惑星があると信じており、
惑星の数がそのまま「7日週」の起源となっています。
それがエジプト・ギリシャからローマ、そして最終的にユダヤ人にまで伝わり、
各国独自の7日週が作られていきました。また、イエス・キリストが
誕生する250年前に、西欧でも7日週を採用したカレンダーが発見されているとのこと。

1879年に初めて「週末(week-end)」という言葉がアメリカの
Notes and Queriesと呼ばれる雑誌で使われました。19世紀イギリスの
労働者は日曜日に飲酒・ギャンブルをして過ごしており、労働者たちは
日曜日の暴飲を癒やすため、「聖月曜日(Saint Monday)」を設けて
仕事を休む習慣を生みだしました。

月曜日に仕事を休まれては困る工場主は、労働者に対して月曜日の代わりに
土曜日に半休を与える、という協定を取り決めました。

数十年後には土曜日が丸1日の休日となり、週休2日制が誕生したとのことです。
そして1908年にアメリカのニューイングランドで、初めて正式に
週5日労働を制定した工場が登場し、さまざまな曲折を経て、
週5日労働と週休2日制が誕生した、というわけです。


◆週休2日制は非効率だという証拠

American Journal of Epidemiologyの研究によると、週に55時間働いた人は、
週40時間しか働かなかった人に比べて知的作業の効率が
下がってしまうことがわかっています。また、「Be Excellent at Anything」の
著者トニー・シュワルツ氏は、人は休憩の後に90分間の爆発的な
集中を得ることができる、とHarvard Business Reviewに語りました。
総合すると、労働時間を減らして休憩を多く挟むことで長時間働くよりも
効率的に仕事ができる、ということになります。

Googleのラリー・ペイジCEOは、自社で実行していないものの
「週4日労働制」を推奨しており、プロジェクト管理ツール「Basecamp」の
ジェーソン・フライドCEOは、従業員に対して1年間の半分は
「週4日労働、週32時間」という勤務体系を採用しています。フライド氏は
「圧縮された労働時間の中では、少ない時間を大切にするため、
重要なことに注目する傾向があります」とニューヨークタイムズに話しています。
さらにUK Faculty of Public Healthが週4日労働制は従業員の血圧を低下させ、
メンタルヘルスを改善させる効果がある、と主張しています。


◆週4日労働制が効果的である実例

Facebookの写真共有アプリ「Slingshot」は、週に3日間の
連休制度を導入したところ、従業員在籍率が急増したとジェイ・ラブCEOは話しています。
これに続いてウェブデザイン&ウェブ開発学習プラットフォームの
「Treehouse」が週4日労働制を取り入れたところ、会社が急成長する一因となったとのこと。


◆週4日労働制度を導入するためには

世界的に週休2日制が認められているため、ほとんどの会社は取引上の
都合などから平日を休みにすることは難しいのが実情。
そこでヒューストンのコンサルタントであるデイビット・ステファン氏が
LinkeInで週4日労働制を取り入れるための解決策を提案しています。

その方法とは会社を2つのチームに分割して分業制にすること。
Aチームは月曜日~木曜日までを割り当てて、Bチームには火曜日~金曜日を
割り当てます。この勤務シフトは毎週切り替わるため、週末は実質的に
4連休になります。営業時間は8時~17時から7時~18時までに変更され、
1日の労働時間は10時間に増えていますが、勤務日の病気欠勤も
取得しやすい環境であり、全体の士気は急上昇。従業員は
「8時間で週に5日働くより、10時間を4日働く方が良い」と、
新しい勤務体系を好んでいるとのことです。
http://gigazine.net/news/20140825-four-day-workweek/

3_s

長時間労働こそが善とされる日本では、こういう考え方は
なかなか浸透していかないでしょうね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無しさん

    どっちみち自営業には無縁。

  2. 名無し

    日本なら週休2日制が不自然→週6勤務に

  3. 名無し

    無理、無縁、やっていけない等最初からNOと拒絶しないで
    一度試験的に導入してみるとかそういう姿勢が企業には欲しいな。
    労働に対する考えとか制度はほんと日本は遅れすぎている。

  4. 名無し

    よし、明日は休もう

  5. 名無し

    繁盛期とかで24時間体勢の仕事はすでに三チーム四勤二休が一般的になってるよね。

  6. 名無し

    夜勤とかで週4日労働の人は既にいるよね

  7. 名無しさん

    てか、目下週に7日休んでる自営業な俺。
    仕事がない。

  8. 名無し

    もうずっと思ってた
    5日って長すぎ、人間の生理に適ってない

  9. 名無し

    そんなことしたら年収はどうなっちまうんだ

  10. 名無し

    最近の祝日は土日の前後にくっつく事が多いけど
    昔のように水、木あたりにポンっと休みが入るほうが嬉しかったりする

  11. 名無し

    基本年中無休の販売業をやってきたけど土日祝日が売上の大半を占めるから交替で平日に休みを取るシフト制
    希望を出さない限り連休という概念がほぼないので3日ないしは4日出勤で一日休みというパターンが多くなる
    勤務体系が流動的だけど慣れると連勤による疲れは殆ど無いし
    ルーチン化しづらいことで常に一定の刺激と緊張感を無意識に維持できる
    特定の曜日にしか行わない業務に休む場合でも他の人に任せたりすることでこれも無意識に連帯感を養える

  12. 名無し

    4日は何も感じない
    5日は長く感じる
    あってもいいかもしれない

  13. 名無し

    日本の伝統は月月火水木金金だろw

  14. 名無し

    週3日も休めんて、、、

  15. 名無し

    4日の方が働く側としては単純に職場への通勤にかかるコスト(移動距離、時間、交通費)が
    減るわけだから時間は有効活用できるよね。

    そのかわり就労時間延びるけど会社側としては法改正したいところかな?

  16. 名無し

    ブラック企業と社畜だと休みが3日あってもサービス出勤させられる

  17. 名無し

    > 「自然現象は7日間ごとに生じないため、7日周期は不自然である」

    何日周期なら自然なの?

  18. 名無し

    週休三日にするなら3連休にせずに月火働いて水曜休み、んで木金働いて土日休みがいいと思うんだがなぁ…。

  19. 名無し

    下っ端労働者の扱いが大手になるほど最低だもんな
    個人営業のほうが案外ホワイトばっかりだったりする

  20. 名無し

    これコピペじゃないのかな?つって

  21. 名無し

    会社「無理って言う前にやってみろよ!」

    会社「いや、週休3日とか無理っすわ^^;」

    おや?

  22. 名無し

    週4日労働とか、残業増えるだけやし俺は別にいいや・・・
    言われていない仕事を、自分に関係ないとかいって全部他人に押しつけられるような人にはいいかもしらんがね

  23. 名無し

    7日周期が不自然で4日労働が是なら1週間は6日なのか8日なのかで大きく変わりそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング