田中将大投手、復活順調! 1か月半ぶりにバッターと対戦 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

田中将大投手、復活順調! 1か月半ぶりにバッターと対戦

P024186_s

田中将大投手、フリー打撃に登板。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P023124_s

ヤンキース田中 フリー打撃に登板

右肘のけがで戦列を離れている大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が
復帰に向けてフリーバッティングに登板し、1か月半ぶりにバッターと対戦しました。

田中投手は先月8日の登板後、右肘のじん帯が部分的に断裂していると診断され、
復帰に向けてこれまで2回、ブルペンで投球練習を行っています。
 
23日は本拠地ニューヨークのヤンキースタジアムでホワイトソックス戦の試合前、
ジラルディ監督など首脳陣が見守る中、フリーバッティングに登板して
1か月半ぶりにバッターと対戦しました。
 
打席には味方の控えクラスの右バッター2人が交代で立ち、
田中投手は初めは投げる球種を自分で告げてから20球、
続いてキャッチャーのサインに従って15球を投げました。
 
バッターがバットを振ったのは9回で、このうち決め球の落ちるスプリットで
空振りをとる場面も見られ、ヒット性の当たりは3本、
フォアボール1つとまずまずの内容でした。
 
田中投手は「まだボールにばらつきがあって大半が思うように
投げられていないが、これから調整したい。きょうはまずバッターに向かって
投げられたことが一番よかったと思う」と話しました。
 
またジラルディ監督は「満足している。いい感じで投げられたことが
いちばん重要だ」と話し、今後、田中投手に野手を交えた試合形式の
練習で投げさせる考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140824/t10014034131000.html 

順調にきていますね。当初はトミー・ジョン手術という話もありましたが、
やはりそのまま治せるのが一番。
ケガするまでの驚異的なピッチングを早く再び見たいものです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P019162_s
田中将大投手、故障の原因は代名詞のあの球だった・・・?




コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング