EUがゴリ押しする「忘れられる権利」によってついにWikipediaのページが“抹殺”される! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

EUがゴリ押しする「忘れられる権利」によってついにWikipediaのページが“抹殺”される!

ダウンロード_s

ついにwikiのページが抹殺されました。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P024670_s
Googleの「忘れられる権利」を行使した人・該当ページを公開するサイトが出現 都合の悪い過去を消そうとして逆に目立つ結果に

やや物議を醸しているEUの「忘れられる権利」による要請で、
Wikipediaに「犠牲」が出ているとWikpedia創設者ジミー・ウェールズさんが発表しました。
ウェールズさんは英メディアThe Observerに対し、EUの法律は
「完全に常軌を逸しており修正されるべきだ」と語っています。

「忘れられる権利」は、インターネット時代における個人情報保護の
あり方を問う中で、アメリカに比べてプライヴァシー問題に慎重な
姿勢を見せるEUが制定した新しい権利として
「一般データ保護法案」第17条に盛り込まれています。

対象となったWikipediaのページはまだ存在するものの、
グーグルの検索結果には表示されません。グーグルはウェールズさん同様、
この法律に対して異議を唱えています。インターネット上には
「忘れられる権利」によって検索結果から排除されたページ一覧が
公開される
など、まだまだ議論は続きそうです。
http://www.gizmodo.jp/2014/08/euwikipedia.html


『忘れられる権利』、EUはとくに紛糾していますねぇ。
実際こうして“Web被害”が出るのはどうなんでしょうか。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

突然、僕は殺人犯にされた (竹書房文庫)
スマイリーキクチ
竹書房
2014-03-27

 


コメント

  1. 名無し

    もうWikipediaとかつかわねーわ

  2. 名無し

    EUさんは何をそんなに必死に消したがってるんです?

  3. 名無し

    これ犯罪者のための権利だろ。さすが天下の人権だな。

  4.  

    でも過去の犯罪者は大きい犯罪であっても図書館行って過去の新聞見んとばれんのに、今では軽微な犯罪でも捕まっただけでSNS検索ついでにバレてしまうのは不平等だよね

  5. 名無し

    EUも大概ですなぁ

  6. 名無し

    wikiって、暇な素人がタダで書いているブログみたいなものだからな。実際、編集履歴とか見ると、同じ奴ばっか編集してるし。

    そりゃ、漫画やアニメの情報は正確かも知れないけど、専門的なものは全くダメ。前に、wiki信じて話してたら、その場にいた専門家に笑われて大恥かいたし。

    やっぱ自分で専門書を読まないとダメだって事だろう。楽しても良い情報は手に入らないって事。いい教訓になったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング