サッカー日本代表の新監督 ハビエル・アギレ氏の人物像とは | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

サッカー日本代表の新監督 ハビエル・アギレ氏の人物像とは

P023688_s
 
アギーレ氏の人物像は。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 


P023689_s
 
ダイナミックで縦に速いサッカーを理想に掲げる。
ハビエル・アギーレは直情型の人間だ。その人となりは、
1976年にクラブ・アメリカでプロデビューしてからずっと変わらない。

「私はダイレクトに物を言うタイプだ。つねに相手の目を見て
話すようにしているのもそのためだ。自分が素直になれば相手も素直になれるし、
信頼関係が生まれる。それが自分らしくするということだ。
逆に一番ダメなのは、人に嫌われるのを怖がって本当の自分を隠して生きることだ」
アギーレはみずからの信条をそう語る。

その一方で、状況に応じて対処する柔軟性を持ち合わせている。
クラブ・アメリカ(メキシコ)、ロサンゼルス・アズテックス(アメリカ)、
オサスナ(スペイン)などを転々としながら成功を収めたのが
現役時代のアギーレだ。柔軟な対応力の成せる業だろう。

95年に母国メキシコのアトランテで監督人生をスタートさせてからも、
率直さと柔軟性を使い分けキャリアを築き上げた。
最高の実績は、02年日韓ワールドカップと10年南アフリカ・ワールドカップで
メキシコ代表をベスト16に導いたことだろう。持ち前のモチベーターとしての
能力を存分に発揮し、現役時代のみずからを彷彿とさせる強烈な
スピリットを選手たちに植え付け、チームを戦う集団に変貌させた手腕は
まさに真骨頂であった。

戦術に目を向けると、好んで用いるシステムは4-2-3-1だ。
最終ラインをプロテクトする守備的MFを中盤の底に2枚並べ、
最前線にはターゲットマンとなる9番タイプのCFを置くのがいわば
戦術の肝で、ブラジル・ワールドカップで4度目の世界王者に輝いた
ドイツ代表のような、ダイナミックで縦に速いサッカーを理想に掲げる。

そんなアギーレのサッカー観を決定付けたクラブがあるとすれば、
それはオサスナで間違いないだろう。

スペインはバスク地方のビスカヤ県出身の両親を持ち、
そのものずばり「エル・バスコ」(スペイン語でバスク人の意)と呼ばれるアギーレは、
みずからに流れるその血を誇りに感じ、スペインに一種の憧憬を抱いていた。

69926d73

野球やアメフトを好んで観戦。映画鑑賞や読書が趣味。
選手としてのターニングポイントを迎えるのは、念願を叶えたその直後である。
86年10月26日のスポルティング・ヒホン戦だった。
勢い余って相手GKと激突し、脛骨と腓骨を骨折する重傷を負ったのだ。

この怪我を境にアギーレのキャリアは下降線を描くこととなり、
オサスナでのキャリアはわずか10試合ほどの出場で終わってしまった。
それでも、そのガッツ溢れるプレーはファンの脳裏に深く刻まれ、
それが後年の監督就任にも繋がった。

指揮官としてオサスナに戻ったアギーレは、この一介の地方クラブを
04-05シーズンにコパ・デル・レイの決勝に導き、その翌シーズンには
リーグ戦の4位に押し上げる。望外の好成績と言っていいだろう。

イケル、アンデル、イニャキと3人の子供全員にバスク系の
名前を付けているように、アギーレとバスクとは切っても切れない関係にある。

アギーレは多趣味な人でもある。ベースボールやアメリカンフットボールを
好んで観戦し、映画鑑賞や読書にも時間を費やす。
「24時間サッカーのことだけを考えていると自慢げに話す監督がよくいる。
もちろん、そのプロ意識の高さは尊敬に値するが、わたしには真似はできないな」
そう語るところからも、多様性を歓迎する人柄が見て取れる。

とはいえ、働き者ばかりの日本に行けばパジャマ姿で
シエスタ(昼寝)をする習慣は当分お預けとなる。
はたして頑固さと柔軟性を併せ持った「愛すべき軍曹」は、
日本代表のさらなる成長に寄与することができるだろうか。

豊富な経験と強烈な人格は間違いなく一流のそれであり、
選手の選考にも独自の色を出していくだろう。ワールドカップで
大きな失望を味わった日本代表にとって、活力を注入する格好の
指揮官であるのは間違いない。 
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140724-00010003-sdigestw-socc 

005442
正式に決まったからには応援します!
日本を良い方向に導いてください!

本決まりですかね。スポンサーの影響を受けない人だといいですね。

年俸がいくらになったのか気になるところですが、
やっぱり内定してしまったんですね。
今まで日本がW杯初出場してから、トルシエ、ジーコ、オシム、ザックと
W杯後に新しい監督が就任してきて、その度ワクワクさせられるものがあったけど、
今回に限っては何故かワクワクできないのは何故だろう・・・・・・・・・
まぁあまり期待をしない方が、失敗した時のダメージも少ないので、
大きな期待をかけずに応援したいと思います。

選手に媚を売らなさそうな点だけは買える。

とうとう総括無しで逃げ切りおったか

メキシコをベスト16に導いたのが最大の実績と言われるとちょっと微妙。
メキシコは毎回ベスト16までは進出してくるので、
それが監督の手腕によるものかはよくわからないというのが正直なところ。

腹と大仁は退任でお願いします

監督も大事なんだけど、世界に通用する選手をどう育成するか、
代表強化のためにもっとアウェーでやる試合を増やすとか、
そうゆう点の見直しも早急にしてほしい。

人選もダイレクトに頼みますよ!
スポンサー受けする人選だけはやめてね

強くしてくれ、頼んだぞ


軍曹タイプは日本代表監督には珍しいかも?
ともあれ期待です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

 


コメント

  1. 名無し

    >それが自分らしくするということだ
    >逆に一番ダメなのは人に嫌われるのを怖がって本当の自分を隠して生きることだ

    中二やね

  2. 名無し

    >>今まで日本がW杯初出場してから、トルシエ、ジーコ、オシム、ザックと
    W杯後に新しい監督が就任してきて、その度ワクワクさせられるものがあったけど、

    俺はジーコにはワクワクしなかった

  3. 名無し

    >>2 俺もジーコの戦術システムが一番興味持てなかったね
    逆に戦術システム気にしない選出の面白さ選手を生かす発掘では岡ちゃん面白かったけどね。アジア枠小さくなってアジアスポンサーも縮小するだろうし国外プレイヤ選出枠設けてほしいな。特にゲームワークの携わりが少なくて他に生かされるような国外スピードプレイヤーは呼ばなくていいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング