今度は『DJ献血マン』登場! テンポのいい巧みな話術で献血協力数増やす | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

今度は『DJ献血マン』登場! テンポのいい巧みな話術で献血協力数増やす

P023330_s

DJ献血マンが話題に。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P023329_s

「男前もべっぴんさんもそうでない方も、どうか献血にご協力をお願いします」。
テンポのいい巧みな話術で献血を呼びかける、大阪府赤十字血液センター
(大阪市城東区)の男性係長が話題を集めている。軽妙な話術で通行人に
呼びかけるさまは、ユーモアあふれる雑踏警備で話題になった
“DJポリス”ならぬ“DJ献血マン”との声も。センターの担当者は
「彼のおかげで献血者数が増えた」と、その効果に太鼓判を押している。

◆「待ってまっせ」
「ちょいとそこの兄ちゃん、こっち向いてください。
そうです、あなたです。うちの優秀な職員が待ってまっせ」

平日午前中のJR京橋駅(同市城東区)と京阪京橋駅(同市都島区)の
間にある広場。右手にマイク、左手に「命を救う献血」と書かれたボードを
手にしたセンター献血推進一部の亀谷隆係長(55)が、
足早に歩く通行人らに大声で呼びかけた。「ちょっとくまのプーさんに似た
スタッフが受け付けしています」。20メートルほど離れた場所では、
待ち合わせ中の若い男性2人組がクスクスと笑いながら聞き入っている。

◆係長が試行錯誤
亀谷さんが呼びかけを担当し始めたのは約10年前。
当初は「一辺倒の文句で誰も立ち止まってくれなかった」。
試行錯誤を重ね、3年前に今のスタイルに。
「短い時間でいかに興味を持ってもらうかが勝負」といい、
関西弁の“マシンガントーク”で献血をPR。現在、年間100日以上、
JR大阪駅前などで朝から夕方まで立ち続けている。

全国的に若者の献血者数は減少傾向にある。
府内の20代の献血者数は平成11年度が15万2791人だったのが、
25年度には6万7947人にまで激減している。一方で高齢化などに伴い、
輸血用血液の使用量は18年度以降、増加の一途をたどっている。

◆後進へ技術指導も
亀谷さんはこうした現状を踏まえ、「患者の命を支えているのは若者の献血。
だから若者が食いつくように、こんな話し方してます」
と明かす。

センターの担当者は「彼が呼びかけると献血者数がかなり伸びる。
ぜひその技術を後輩にも引き継いでいってほしい」と
後進指導にも期待を寄せている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000121-san-soci

005442 
エイズの検査目的で献血には絶対行かないように。

ユニークな方ですね
つい足を止めてしまいそうです

B型って、たいがい「足りてます」て言われるパターン

血液は長期ストックできないから大変だ。

昼寝もできて、ジュースも飲めて、人のためにもなる。
可能な限りいってます。

今、献血には行けません!
次回まであと2ヶ月は行けません!
m(_ _)m

ポリスの次は献血かい。

どうでもいいけど何がDJなの?
ラップ調で喋ってるだけでしょ?

年間総献血量、男性は1200㎖以内、女性は800㎖以内。
年間という概念を350日としてもらえると、献血マニアとしては助かる。
たった一日足りないだけで、その日は献血できないっていう経験、
ありませんか?

まさに今日献血に行ってきました。

献血はやる人は定期的に行くし、やらない人は全くやらない。
年1回しかやらない人なんてそんなにいないだろうし。
そんなに足りないのなら、年間で400ミリを4回できるようにすればいいのに。


>「短い時間でいかに興味を持ってもらうかが勝負」
これが一番大事でしょうね。
名指しで「そこの兄さん」と言われるとついつい言ってしまいそう。
病気持ちでなければできるだけ協力したいものです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    DJかんけいないやんwww

  2. 名無し

    絶対誰かケツマンって言うと思ってた
    すみませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング