2022年までに姿を消す可能性の高い10の職業 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

2022年までに姿を消す可能性の高い10の職業

s50d13635

将来、なくなりそうな職業は?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


s080617-2
(一部省略)
第1位:郵便配達員
2022年の推定雇用率:-28%

Eメールやオンライン請求の普及で郵便物が激減しているため、必要とされる
郵便作業員も減る見込み。

第2位:農家
2022年の推定雇用率:-19%

技術の進歩により、少ない人員での作業が可能になったため。

第2位:メーターの計測係
 2022年の推定雇用率:-19%

電気、ガス、水道各社は電子計測器の導入を進め、わざわざメーターを見に
行かずともデータが送られるようになる。

第3位:新聞記者
2022年の推定雇用率:-13%

オンラインニュースの台頭により、新聞購読者が減り、購読料、広告料共に激減。
新聞社が多くの記者を雇うことができなくなる。

第4位:旅行代理店の社員
2022年の推定雇用率:-12%

旅行代理店に行かなくても、ネットで旅行の手配ができるようになったため。

第5位:木材伐採人
2022年の推定雇用率:-9%

技術の進歩のおかげで必要な人材が減ったため。またデジタル化に伴い
“紙”の需要が減り、木材パルプの需要も減る一方。

第6位:フライトアテンダント
 2022年の推定雇用率:-7%

近年航空会社の経費削減、合併の影響をまともに食らっているのがこの仕事。
今後の見通しも暗い。

第7位:ドリル作業員
2022年の推定雇用率:-6%

技術の進歩により、従来より少ないドリルでより多くの作業が可能に。製造業での
人員削減が進むとみられる。

第8位:印刷業者
2022年の推定雇用率:-5%

デジタル化により紙製品は減る一方。

第9位:税務調査官及び収税吏
 2022年の推定雇用率:-4%

技術の進歩に伴い企業の効率化が進み、税の調査や徴収業務の必要性も減る。 
http://irorio.jp/sousuke/20140716/149213/  


建築関係が無いんだな。近いうちに3Dプリンタで家ぐらい建てれそうな気がするが。

絶滅危惧種職ですか。では新種はなんがあるかね。

この手の未来予測は当たらない。


今の若い世代が中年ぐらいにまで行かないと、なくならないのでは。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 
sfotolia_39421292_xs
医師が教える健康常識「がんになりやすい職業とは…」
 


コメント

  1. 名無し

    まとめブログとかも無くなって全然違う形態になってそう

  2. 名無し

    減ったとしても消えることはないのばかりだな
    マジで消えそうなのはメーターの計測ぐらいじゃね?

  3. 名無し

    日本の公務員は増えるんでしょ

  4. 名無し

    自衛隊は増えそうだな

  5. 名無し

    人件費が減っても価格は据え置きの予感

  6. 名無し

    申し込みに行くのが楽しいから
    旅行代理店は無くならないで
    欲しいなぁ…

  7. 名無し

    ドリルちんこなくなるん?

  8. 名無し

    ヤクザがランクインしてないけど?

  9. 名無し

    アフィブロガー

  10. 名無し

    気象庁や気象予報士も要らないでしょ
    民間だけで十分や

  11. 名無し

    上位の農家と郵便配達員はなくならないだろ

  12. 名無し

    大型スーパーのレジ係

  13. 名無し

    10位どこいった

  14. 名無し

    ペーパーレスっていってたけど全然減ってない

  15. 名無し

    第8位・・・ですよねー・・・
    すでに10年ぐらい前から、相当な谷間に落ち続けてるわ

  16. 名無し

    職場だとプリンターが頻繁に故障する程に酷使されている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング