元横綱 輪島さん 咽頭がん手術で声を失っていた事が判明 動画あり | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

元横綱 輪島さん 咽頭がん手術で声を失っていた事が判明 動画あり

P023253_s

元輪島関、手術で声を失っていた。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


267478_R

元横綱の輪島大士さん(66)が昨年12月に咽頭がんの切除手術を受け、
声を失っていた。夫人(43)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」の
取材に応えて明らかにした。

がんが見つかったのは昨年秋、下咽頭がんだった。
「手術を受けなければダメでした」と夫人。12月に切除手術を受け、
成功したものの、あの独特の声は失った。

4カ月に及ぶ入院生活のあと退院し、今は自宅療養を続けているが
、経過は順調だという。

「食事も普通。食欲がないということもありません。20年は大丈夫だと
医者も言ってます」と手術は大成功だったが、声のない生活は…。

「家族の間では口の動きで察しています」と、コミュニケーションは
家族愛に支えられているようだ。

本人も活動的で、友人とはメールでやり取りし、約束して食事に出掛けることも。
ほぼ毎日、ウオーキングし、買い物に行くこともあるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000035-dal-spo

005442 
「黄金の左」が懐かしいな・・
お大事に・・

ゴールデンアームボンバーの衝撃は忘れられません

豪放磊落な性格で北の湖と好勝負を展開していた、
しかし豪快さが余って親方株を借金の担保に差し出したのは拙かったね。

現役時代はよく分かりませんが「生ダラ」でよく観てました~
でも声は失っていても手術が成功して良かったですね。

そういえば 定岡って最近見ないな・・

相撲に近代的なトレーニング取り入れたのはこの人の功績。
親方株質に入れたりした大バカですが相撲に関しては天才でした。
それが証拠に幾多いる学生相撲出身で横綱になったのはいまだにこの人一人だけです。

生ダラでよく見てたな。
大変だけど頑張ってください

坂本龍一、つんく
ここにきてやたら咽頭がんになった人出てくるな

本人も活動的で、友人とはメールでやり取りし、
約束して食事に出掛けることも。ほぼ毎日、
ウオーキングし、買い物に行くこともあるという

すごい、の一言。ご家族も支えられているんだろう。

早期発見なら、今はほとんどの病院が声帯残すものだけどな、
進行してたのだろうか。サンデーモーニングのゲストの仕事は、
もう無理なのか。どうぞご自愛のほどを。
 




輪島大士
輪島 大士(わじま ひろし、1948年(昭和23年)1月11日 – )は、
石川県七尾市出身で花籠部屋所属の元大相撲力士、第54代横綱、
全日本プロレス所属の元プロレスラー、元タレント。本名は輪島 博(わじま ひろし)。
血液型はA型。大相撲時代は身長186cm、体重132kg。
ニックネームは蔵前の星・黄金の左、現役引退後はワジー。 
Wikipedia
 

 



コメント

  1. 名無し

    関係ないが最近の癌医学の発達っぷりは異常
    輪島氏は既にステージ4だったらしいが、それを根治しちゃうんだから、20年前じゃ考えられん。
    あと20年もすれば、放射線治療も発達し、抗癌剤もいいのが増えて、声を失わず、癌根治ができるかもな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング