Googleの「忘れられる権利」を行使した人・該当ページを公開するサイトが出現 都合の悪い過去を消そうとして逆に目立つ結果に | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

Googleの「忘れられる権利」を行使した人・該当ページを公開するサイトが出現 都合の悪い過去を消そうとして逆に目立つ結果に

P022790_s

「忘れられる権利」を行使しても逆に目立つ結果に。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


snap5535_m

「私人は個人情報に関する検索結果の削除をGoogleに要求できる」という判決を
欧州司法裁判所が下し、インターネット上における「忘れられる権利」が認められ、
Googleの検索結果に表示される情報の削除要請を所定のフォームから
可能になりました。
すでに2014年7月ごろから、忘れられる権利を行使して
特定のページのリンクがGoogleの検索結果から削除され始めています。

一体どういったページが削除要請を受けているのか気になるところで、
「Forgotten Results」が削除要請者・削除された該当ページ・削除されたことを示す
ソースのリストを公開しています。

Forgotten Results
http://hiddenfromgoogle.com/index.html

記事執筆現在、Forgotten Resultsに表示されている
「忘れられる権利を行使した人」は14人。中には「Unknown」と記述されていて、
名前が表示されていない人もいます。

リストの最上部にある削除要請者「Peter Dragomer」の右側には、
削除されたページのリンクと削除されたことを示すソースのリンクが表示されています。 

snap5536_m

Peter Dragomerさんの削除要請に該当するページは、
巨額の損失を発生させた責任をとる形で事実上の解任に追い込まれた
メリルリンチのスタン・オニール元会長に関するBBCの記事です。
この記事が掲載されたのは2007年で現在でもページは存在しています。 

snap5537_m

(以下省略)
http://gigazine.net/news/20140707-google-right-forgotten-list/

>Googleの検索結果に表示される情報の削除要請
要するにグーグルの検索結果に出てこなくなるだけで、ページ自体は残されたまま。
それをかき集めることで、逆に目立つ結果に。
犯罪歴などを出てこなくして新たな人生を・・・と思っても、これではいけませんね。
ネットに流れたものはなかなか消えないと割り切るしかありません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

突然、僕は殺人犯にされた (竹書房文庫)
スマイリーキクチ
竹書房
2014-03-27

 


コメント

  1. 名無し

    まあそうでしょうよ
    ウェブサーバーから削除できる権限なんてgoogleにはまだ無いんやから

  2. 名無し

    Googleで無理なら他の検索エンジンで探すもんね
    知りたい人は・・・
    下手に消すとどんな内容か知りたくて他で検索する

    これって新しいステマの手かもww

  3. 名無し

    google以外で検索すれば普通に出てくるのに削除要請する意味あんの?

  4. 名無し

    cache:

  5. 名無し

    ※3
    googleでは見つからないけどその情報は必ず存在すると確信している人に効果がある削除要請じゃないんだよ
    その程度の事も理解出来ないって未就学児かな?

  6. 名無し

    ※5
    つまらん煽りはいらん
    お前は馬鹿だな

  7. ※5
    めんどくせーヤツだな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング