【研究結果】 自信家ほど能力が低く無能さを認識せずに自分を高く評価しやすいことが判明 | あまえび速報

【研究結果】 自信家ほど能力が低く無能さを認識せずに自分を高く評価しやすいことが判明

000862

自信家ほど能力が低く無能さを認識せずに自分を高く評価しやすいことが判明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 


000861

人は自分の無知を隠そうとして饒舌になったり、単に「知らない」と答えるのはつまらないと思って
サービス精神を発揮したりするという。しかし、なかには本当にそれについて何か知っているかのように、
やたら自信ありげにその「嘘の事象」について語る人がいる

「能力の低い人は、自分の無能さを認識できず、自己を実際よりも高く評価する(ひいては自信に満ちて見える)」
という認知バイアスに関する論文を発表。この認知バイアスは現在「ダニング=クルーガー効果」として
知られており、2000年にはイグノーベル賞の心理学賞を受賞した。

621a21b3
249628e7

能力のない人は「自らのスキルの欠如」、「他者の本物のスキル」、「自らのスキル不足の程度」が認識できないと主張。
例をあげると、自分が文法をどの程度知っているかを認識するには、その文法に精通している必要があり、
能力のない人にはそもそもそれができないので、自分の能力も客観的に判断できない。

この現象で興味深いのは、能力がないことによって、人はうろたえたり困惑したりするのではなく、
むしろ不適当なほどの自信に満ちあふれていることだという。

研究の結果、テストでDやFを取る大学生は、自分の答案はもっと高い点数に値すると考える傾向があり、
また実力の劣るチェスのプレーヤー、医学生、そして運転免許証の更新に臨む高齢者ほど、
自分の力を過大評価することがわかっている

こうした現象は「無知」というよりも、「誤った情報や知識」に起因すると考えるようになったという。
「知らない」と認めることは失敗ではなく、成功への道筋かもしれないことを知ることが大事だという。

全文は ↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52191924.html

ああ、たまに会いますね、こういう人。
学んだのが、矛盾点や明らかにそりゃ違うだろというのに気づいても突っ込んじゃダメです。
高い確率で反省はしません、逆ギレします。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

r




コメント

  1. 名無し

    俺の友達にもいるけど、なんなんだろうねアレ
    知ったかと根拠のない自信

  2. 匿名

    あぁ、洗脳型自己啓発受けて来た2代目ボンボン馬鹿社長がそれだわ
    「自分は今までの駄目だった自分の壁を破った、俺のやる事に間違いは無いから付いて来い!」とか言ってw
    根拠の無い自信だけ身に付けてきてで自分の言う事を聞かない社員を馬鹿にして否定して側近はイエスマンだけに
    無計画な企画を思いつきでやりまくり失敗だらけ
    それでも部下の進言・提案・意見に耳を貸さない
    会社ってこういう無能馬鹿が権力持ってると駄目になって行くんだなってのを実感したわ

  3. 匿名

    自分が見えないからこそ自信家って言うんだぜ

  4. 匿名

    最近自分は天才なんじゃないかと思い始めた。

  5. 匿名

    最近自分は天才なのかと思い始めた。

  6. 匿名

    最近自分は天才なんじゃないかと思えてきている。

  7. モマ

    最近自分は天才なんじゃないかと思えてきた。

  8. 匿名

    完全に俺のことだ。
    最近になって気が付いたけど、遅すぎた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング