ちょっと江戸時代に行ってきました(注:正気)・管理人ブラブラ 47 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ちょっと江戸時代に行ってきました(注:正気)・管理人ブラブラ 47

1c

自分があちこち出かけて見かけた印象に残ったものや、最近あった出来ごとなど
ちょっとだけ紹介。
暇な人、気が向いた人などが暇つぶしに読んでいただければ。


1600fuji_1033

日本の文化で海外でウケているものと言えば着物や寿司、ハラキリ侍など
いくつかありますが、忘れちゃならないのは「忍者」の存在。
日本の忍者は海外では非常に人気が高く、何度かアチラ風にアレンジされて
映画やゲームになって「不思議の国ニッポン」の代表的キャラの1つとなっています。

1

そんな憧れの忍者がいる地、それどころか自分自身が忍者になれる
場所が日本の日光にありました。今回は日光江戸村をブラブラです。

2

車を走らせ約4時間。ようやく駐車場に到着。

5

駐車所の受付員は着物姿。「ここから先は江戸時代」の演出に余念がありません。
「700両になります」と笑顔の着物美人。「円」ではなく「両」。
貨幣価値は変わるのでざっくりですが、1両は約10万円
1日停めておよそ7000万円。間違いなく日本一高い駐車場です。

5

まぁ、「両」と言うのも当然演出。素直に700円払って無事到着。
入り口でチケットを買って施設内へ。
中では忍者ショーや的当てなど、さまざまなイベントが用意されているようです。

DSC09803
DSC09804
DSC09805
DSC09802

入り口の門をくぐり、しばらく林道を歩きます。
途中、神社や道端のお地蔵様など細かい演出もちらほら。

DSC09812
DSC09811
DSC09813

林道を抜けていよいよ江戸村内へ。
凄い、目に入る景色はまさに時代劇の世界へ飛び込んだかのようです。

DSC09815
DSC09816
DSC09817

村のなかはけっこう広く、人力車の姿も。
たくさんの店が軒を連ねていますが、多くは飲食店とお土産屋、
しかし中には的当て屋やくじ引き、お化け屋敷など、実際に体験して
楽しめるお店もたくさん入っています。

DSC09856
DSC09841
000404
000405
DSC09820
DSC09861

見るものすべてが珍しくてキョロキョロとしながら写真を撮りまくっていたんですが、
そんな中、小さな歓声と拍手の中、往来の真ん中を堂々と歩く一行が。
生まれて初めて見ました。花魁(おいらん)です。

DSC09868
DSC09866
DSC09865

花魁(おいらん)は、吉原遊廓の遊女で位の高い者のこと。
18世紀中頃、吉原の禿(かむろ)や新造などの妹分が姉女郎を「おいらん」と
呼んだことから転じて上位の吉原遊女を指す言葉となりました。
「おいらん」の語源については、妹分たちが「おいらの所の姉さん」と呼んだことから
来ているなどの諸説があります。(wiki

今、目にしているには花魁道中(おいらん どうちゅう)。
花魁が禿や振袖新造などを引き連れて揚屋や引手茶屋まで練り歩く
いわば花魁のお披露目、花道です。超高下駄で無理やり歩くのが特徴。

位の高い遊女=花魁、現代風に言うと歌舞伎町かススキノクラスのお店の女の子。
ちなみに遊女とは・・・お母さんに聞こう。
個人的には、よくこんなのに大金払ったなと、江戸時代の人の気合いに脱帽です。

000406
花魁似顔絵

いよいよ自分が夢にまで見た忍者になる番。
忍者体験ができる貸衣装屋に行き、忍者服を申請。

000408
http://www.edowonderland.net/html/ja/edo.html

ちなみに下記が料金表。

忍者(大人・小人):¥3,900
町人(大人):¥3,500
町人(小人):¥3,000
侍:¥5,000
浪人:¥5,000
武家娘:¥5,000
新撰組(小学生):¥6000
岡引:¥6,500
殿様:¥9,800
姫:¥9,800
大奥:¥9,800
女剣士:¥9,800
お店娘(大人):¥9,800(中学生以上対象)
芸者:¥15000 ※1日先着2名限定
花魁:¥30000 ※要予約
鎧:¥30,000 (中学生以上対象) ※要予約
かつら:¥2,000


たけえっ!!(`・ω・´) カッ!


まぁ、ここまで来たら高くても仕方ないんで、忍者服を依頼。
ところが店のおじさん「忍者服は子どもだけで大人のはないんだよね」
とのこと。
ホームページには大人も含まれているんですが、実際に行った時(8月)には
自分はそう言って断られてしまいました。

料金表を確認したのは今、ホームページで見たのが初めてなので
10月になって大人もOKになったのか、そのとき衣装が切れていたのか、
自分が不審者に見えたのか定かではありませんが、結局衣装は借りられず。
残念。 まぁ、ボッてたからいいか


それにしても日光江戸村は演出が細かい。
どの施設にも手抜きがなく、村全体が徹底的に江戸時代しています。

古めかしい木造りの建物、深い色を落とす溜め池、風情に満ちた
美しい景色を見ながら啜る一杯のお茶は格別です。
これを見れただけでも、来た甲斐がありました。

IMG_0525
DSC09859
IMG_0517
IMG_0524
IMG_0516

この後、忍者ショーを見て興奮、作り物の日本刀をお土産に購入して村を後に。
いつか忍者になれる日を夢見て、また来ようと心に誓いました。
横で嫁が「子どもじゃないんだから」と呆れていた声は届きません。

というわけでまたブラブラしてきます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ
読んでいただきありがとうございました。


コメント

  1. 名無し

    俺も行ったことある。
    ここは結構面白かったぞ!

  2. 名無し

    いいね!

  3. 名無し

    貸衣装たけーーーーーーーー!!!!!

  4. 名無し

    ここが逃走中の舞台かぁ

  5. 名無し

    子ども3人いたとして家族全員で着替えて、パパ侍、ママお店娘、子ども2人忍者、娘は姫あたりだとすると・・・びっくりした。
    いたって普通の衣装組み合わせなのにそれだけで32400円だ!!!

  6. 名無し

    面白かったw

  7. 名無し

    >よくこんなのに大金払ったなと、江戸時代の人の気合いに脱帽
    クソワロタwwwwww

  8. 名無し

    とりあえずタイトルで笑ったわ

  9. 名無し

    日光江戸村もいいけどやっぱ太秦映画村のほうがいいよ

  10. 名無し

    行ってみたいな。今度の家族旅行ここにするか

  11. 名無し

    本当にあちこちいく人だなw

  12. 名無し

    遊女って結局なんなの?

  13. 名無し

    >>12 売春婦

  14. 名無し

    このシリーズ大好きなんで、またお願いしますw

  15. 名無し

    やっぱおもしろい!48も期待してますよ!

  16. 名無し

    ここは暖かいコメントばっかでいいですね

  17. 名無し

    てゆうか絶対この記事人気ナンバー1のはずなのにどうして記事ランキング一位じゃないんだろう

  18. 名無し

    >>13 ありがとう、知らなかった。昔の人って堂々としてたんだな・・・

  19. 名無し

    >>5 本当だ、びっくりした。超ボッタクリランドじゃないか。ディズニーの方が安いっていう・・・着なきゃいいんだけど

  20. 匿名

    地獄寺でガチ泣きした小学校時代

  21. 名無し

    浪人¥5000だってよw
    大学浪人連れて行ってやらせたいな

  22. 匿名

    つーか既婚者だったのか

  23. 名無し

    花魁はスタッフか。一般の奴じゃまずやらんだろ

  24. 名無し

    このシリーズ楽しみにしてます!

  25. 名無し

    面白かったわ。読むといつもどこか行きたくなる

  26. 名無し

    江戸村関係者も読んでいるかも知れないのに、「高い」とか「ボッてる」とか・・・

    正直でいいwこれからも正直なレビューをwww

  27. 名無し

    毎回この記事楽しみにしているのにもかかわらず
    管理人ブラブラが管理人ブラクラに見えて焦るw
    俺も忍者服着たいな。ぼったくりでも構わん!

  28. 名無し

    いいなwwwあまえびと一緒に遊び行きたいwwwww
    車のミラーにつけてるストラップ?おしゃれでカッコイイね。それなに?

  29. 名無し

    8月に行って今更記事にしたの?

  30. 名無し

    鎧高すぎだろ・・・

  31. 名無し

    あまえび ここのサイトで オフ会しないの?

  32. 名無し

    ちょい高い

  33. 名無し

    ワロタ。面白そうだな

  34. 名無し

    タイトルで何を土地狂ったんだと思ったらただの旅行ネタだった

  35. 名無し

    嫁の声は届かなかった。
    つまりお前の嫁は居ないんだよ
    幻聴だ

  36. 名無し

    今日光にいます。寄ってみようかなw

  37. 名無し

    嫁さんいいなwww(´・ω・`)

  38. 名無し

    あまえびは俺の嫁だがな

  39. 名無し

    バカ言っちゃいかん、あまえびは俺の嫁だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング