Google、図書館無断スキャンをめぐる著作権訴訟で米出版社協会と和解 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

Google、図書館無断スキャンをめぐる著作権訴訟で米出版社協会と和解

001392

前回こちらの記事でお伝えしていたGoogleの、米国大学図書館所蔵の大量の
書籍を無許可でスキャン・デジタル化したことに関しての著作権訴訟問題で
和解が成立した模様です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


guild-seeks-billions1

米Googleと米国出版社協会(AAP)は4日、提携図書館の蔵書をスキャンして
検索可能とする「Google Library Project」をめぐる訴訟に和解したと発表した。

Googleでは、提携する図書館の蔵書をスキャンして「Google Books」で
検索可能とする「Google Library Project」を進めているが、この行為が
著作権侵害にあたるとして、作家団体(Authors Guild)が2005年に
集団訴訟を提起。AAPを代表して大手出版社5社もGoogleを提訴した。

訴訟については、2008年10月にGoogleとAAP、Authors Guildの間で
和解に向けた合意が成立したが、和解案について裁判所の承認が得られなかった。

今回の和解により、出版社は今後、Googleがデジタル化したデータを
Google Liberary Projectで利用を認めるか削除するかを、書籍や
記事ごとに選択できるようになる。
また、デジタル化したデータを、出版社が利用できるオプションも用意される。
ユーザーはGoogle Booksで書籍の一部(最大20%まで)を閲覧でき、
Google Playを通じて電子書籍として購入することもできる。


AAPのTom Allen社長兼CEOは、
「今回の和解は、著作権者の権利を尊重しながら、コンテンツを発見するための
革新的な手段を提供できることを示したものだ」とコメントしている。

和解のその他の条件については明らかにしておらず、また、今回の和解は
Authors Guildとの訴訟については影響しないとしている。
Authors Guildでは今回の和解に対して、「Googleは依然として、許諾を得ずに
スキャンした数百万の書籍から利益を得ており、我々の集団訴訟は継続される」
とするコメントを発表している。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121005_564474.html?ref=rss

何はともあれ良かったですね。
今回の和解に失敗していた場合、Googleが支払う賠償額は、著作権侵害関連
最高額となる20億ドルの損害賠償にあたる可能性もあっただけに、Google
一安心です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
でも、和解までにいっぱいお金撒いたんだろうね

001392
Googleがピンチ!米国大学図書館所蔵の大量の書籍を無許可でスキャン・デジタル化したことに対し、作家協会が訴訟・著作権侵害関連最高額20億ドルの損害賠償請求へ

000351
とびだせ どうぶつの森


コメント

  1. 名無し

    そろそろデジタルデータ化させた魔道書とか聖書の原書とか出てこねーかな

  2. 名無し

    良かったなGoogle。死ぬほど金まいてむりやり解決したのがよくわかるわ

  3. 名無し

    とある不正のインデックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング