DeNA守安社長 「任天堂とやるなら月商30億超えの事業規模を目指す」 | あまえび速報

DeNA守安社長 「任天堂とやるなら月商30億超えの事業規模を目指す」

2d9ed800

任天堂と業務提携した、DeNA守安社長 の戦略は・・・ガチャ? ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 


20150317-00000070-jijp-000-view

DeNAの守安功社長は1日、ロイターのインタビューで、 任天堂と共同開発する
スマホ向けゲームについて、月商30億円を超えるヒットタイトルを数本の
ペースで出すことをねらっていく
と話した。

任天堂とDeNAは共同開発するスマホゲームを2015年中にリリースする計画。
「マリオ」「ドンキーコング」「ゼルダ」「ポケモン」など任天堂のキャラクターIPを
使ったスマホゲームを年に数本のペースで配信していく


スマホゲームは、月商10億円超の規模で「ヒット作」とされる。
守安社長は「全世界で数億人のユーザーが遊ぶゲーム。
それも1本の成功だけではなく複数のヒットタイトルを出したい」と述べた。

さらに、ヒットゲーム1本あたりの売り上げについては
任天堂とはまだ話をしていないが、やるからには大ヒットを狙い、
月商30億円を超える規模を目指す
」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0MS3OO20150401



いくら任天堂IPキャラを使ったスマホゲーとはいえ、月商30億のハードルは
高い設定だと思います。岩田社長は徹底的に批判していたけど、そのハードルを
クリアするには、やっぱりガチャしかないのでは・・・

>任天堂とはまだ話をしていないが


岩田社長がどういった答えを出すのか、けっこう重要なポイントに
なりそうですね、これ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

018392
岩田社長 「ソーシャルゲームは、100円で買えるかもしれないと錯覚させて、大人も子どもも関係なく最終的に10万円払わせるようなゲーム。絶対長続きしません」





コメント

  1. 匿名

    ガチャは法的に規制しないいけない危険な商法。
    ガチャ・パッケージの内訳を第三者にすべて公開して、ギリギリセーフかねぇ。

    よく福袋に例えられるが、原価がかかっていて、さもすれば原価割れしている福袋と異なり、
    原価が人件費と電気代のみで、価値のコントロールそのものを運営が行うガチャとは本質がまったく異なる。

  2. 匿名

    潰れてしまえ

  3. 匿名

    だからー
    ソシャゲーは
    いくら有名タイトルでも一切やらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング