業務資本提携発表後の任天堂株価がストップ高、3年9カ月ぶりの高値水準に! 投資銀行「任天堂IPのスマホゲーは月商300億円以上の価値がある」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

業務資本提携発表後の任天堂株価がストップ高、3年9カ月ぶりの高値水準に! 投資銀行「任天堂IPのスマホゲーは月商300億円以上の価値がある」

a99f260c

業務資本提携発表後の任天堂株価がストップ高、3年9カ月ぶりの高値水準に! ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 



ip_mariob_s00011
018023
【緊急事態】任天堂と「モバゲー」のDeNAが業務提携!任天堂スマホゲー参入 キタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!!


18日の東京株式市場で任天堂とディー・エヌ・エーは買い気配のまま
終了し、ストップ高比例配分となった

17日に両社は資本・業務提携を発表。任天堂のIP(知的財産)を活用した
スマートデバイス向けゲームアプリを開発することなどがポジティブ
サプライズと受け止められた。

任天堂株の終値は前日比3000円高の1万7080円。
2011年6月以来、3年9カ月ぶりの高値水準となった
ディー・エヌ・エーは300円高の1707円で引けた。

任天堂はこれまでスマートデバイスへの事業展開に慎重姿勢を見せていただけに、
提携は市場で大きな方針転換ととらえられた。
ゴールドマン・サックス証券は18日付のレポートで、
任天堂の「IPのファンベースがモバイルゲームのアクティブユーザーになれば、
グローバルで月商300億円以上のモバイルゲーム展開は可能になる」

と指摘している。
ディー・エヌ・エーにとっても事業拡大の起爆剤となるとの
期待が広がっている。
ただ、今後の2社の業績面での影響は未知数との慎重な見方もある。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0ME0HK20150318





熱狂的なファンから見れば今回の業務提携は任天堂の裏切りに見える部分もあり
あまりいい評判は聞こえませんが、株主にとっては朗報、スマホ版マリオ、売れない
はずがないという、鉄板商品が保証されたので株価が一気に跳ね上がった模様。
まぁ、任天堂も当然こうなることは知っていての苦渋の決断だったと思います。

大きな期待を寄せられる今後の両社の共同タイトル、リリース発表に
期待したいところですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

自分も出ればやっぱり買う予定です

岩田社長 「NXを発表したのはゲーム機をやめる訳ではないという意思表示」
岩田社長 「NXを発表したのはゲーム機をやめる訳ではないという意思表示」



コメント

  1. 匿名

    過去の遺産で食いつなぐだけの終わった企業

  2. 匿名

    どうせ課金制なんだろ せめて買い切りなら買ったかもしれんが

  3. 名無し

    どうせ課金制なんだろ せめて買い切りなら買ったかもしれんが

  4. 匿名

    任天堂終わったな、これからゲームはPS一択になるわ
    PS4も売れ始めてるしな

  5. 匿名

    大コケしろ

  6. 匿名

    これは儲かるわ!基本料無料だろうな

  7. 匿名

    DeNAに就職すれば将来明るい気がする。
    あと50年は大丈夫って知り合いが言ってた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング