シューマッハー氏やオシム氏を救った「脳低温療法」とは? 長嶋茂雄氏も快復できた可能性 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

シューマッハー氏やオシム氏を救った「脳低温療法」とは? 長嶋茂雄氏も快復できた可能性

P021921_s

最新の脳療法を探ります。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



P002661_s
シューマッハー氏、意識回復!! いつの間にか退院してリハビリ中らしい
シューマッハー氏、“目でコミュニケーションをとれる状態” あまり楽観視はできない模様

昨年12月にスキー事故で重傷を負い、こん睡状態が続いていた
元F1ドライバーのミハエル・シューマッハ氏が、事故から約半年たつ最近、
こん睡から目覚めたと報じられた。シューマッハ氏は
「人工的に低体温の状態に置かれていた」とされる。これは
脳低温療法と呼ばれ、かつてのサッカー日本代表監督だった
イビチャ・オシム氏も、2007年に脳こうそくで倒れながら、この療法で
復活を果たした。窮地に陥った人を救う「脳低温療法」とは、どういうものなのだろうか?

人が死地から蘇るドラマは、いつも感動的だ。シューマッハ氏が
こん睡から目覚めたとの情報は、多くの人の心を揺さぶった。
また、オシム元監督の復活も「奇跡」と称された。脳低温療法とは、
脳が傷害を受けた際、脳を守り蘇らせるため、33度前後まで
冷やす治療法のことを指す。日本では1990年代の初めから、
広くこの治療法が実施されているそうだ。どういう症状に効果があるのか?
というと、心肺停止蘇生後、脳こうそく、脳出血(クモ膜下出血)のほか、
交通事故での頭部の大けがなどが対象だ。突然こうした事態に
見舞われながら、現代の薬や手術では脳に大きな障害が残る
可能性がある時、脳の障害の進行を食い止める効果が期待される。
ただ、この療法は、多くの場合は脳が傷ついてから6時間以内に
開始する必要がある。スピードが命だ。

(略)

「長嶋茂雄さんがこの治療を受けられなかったのは、非常に残念。
オシムさんの方が症状は重かったが回復した。アメリカでは
日本より進んでいて、心臓が止まったらこの療法を施さないといけない、
とマニュアルで定められているほどだ。
この治療法は年々成果が
上がってきており、シューマッハだけでなく、これからも
ますます治療成果が出てくるはず」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000005-wordleaf-soci

005442
体温下がると良くないイメージあるけど、こういう治療もあるのね
医学の力ってすごいな

冷すと確かに腫れが早く引く。
でも低体温で死ぬのは良くある話。
微妙な調節が必要なんでしょうね。
医療技術の進歩に驚き。 

医療の発展によって交通事故などの不慮の事故、
突然の脳疾患などで亡くなる人は減少傾向にある。
ただ、本来それで亡くなるはずの人が、一命はとりとめたが
植物人間状態に陥ったまま何年もそのままだったり、
重度の麻痺が残るなど重い症状が残り寝たきりになったり、
障がいで一生苦しんだり本人だけでなく周りの人間も苦しむ羽目に
なってしまう場合も多々ある。
もちろんそれでも生きていてほしいと願う人もいるだろう。
ただ、それが負担になり精神的な疲労により患者本人と
心中してしまう配偶者や介護者も結構いる。
医療の発展に比べて、金銭的や精神的なものを含んで患者のケア等が
妥当でないケースが多いので、そういった面を今後解決しやすく
出来る世の中になってほしい。 

でもお高いんざましょ・・・。
健康保険は使えるのか、自分の入っている医療保険の対象なのか・・・。 

結局は金がないと続けてやれない療法なんでしょ?


オシムさんは相当ヤバそうでしたが、快復できたのはこの療法のおかげだったんですね。
長嶋監督も快復できたかと思うと惜しかったですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯





コメント

  1. 名無し

    低脳だったらネット内にいくらでも沸いてるけどな。
    俺とかお前らとかな。

  2. 名無し

    >>1
    自虐テロに他人巻き込むなよ
    一人でオナってろ

  3. 名無し

    おそらくこの2人には相当気を遣いながらやったんだろう
    一般なら死人が出てもおかしくない

  4. 名無し

    オシムみたいな大男だと、介護する方も大変だろうな

  5. 名無し

    日本の医療はアメリカに対して10年以上遅れてる。

  6. 名無し

    でも長寿大国wwwwwwwwwwwwwww

  7. 名無し

    長嶋さんが回復してないかのような記事に違和感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング