JALの大阪発青森行き便に不具合 室温36℃まで上昇、伊丹空港に引き返す騒ぎ エンブラエルERJ170型機 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

JALの大阪発青森行き便に不具合 室温36℃まで上昇、伊丹空港に引き返す騒ぎ エンブラエルERJ170型機

P021680_s_s

JAL機に不具合。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P021680_s

16日午前8時15分頃、大阪(伊丹)発青森行き
日本航空2151便(エンブラエルERJ170型機、乗員乗客55人)が
大阪府枚方市上空を飛行中、機内の室温が36度まで上昇し、
同機は伊丹空港に引き返した。

同機を運航する日航グループのジェイエアによると、
2台のエアコンのうち1台が故障し、温風から冷風に切り替わらなくなったのが
原因という。同機は伊丹空港に戻った後、エアコンを1台だけ動かし、
約2時間半遅れで再運航した。体調を崩した乗客はいなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140617-00050051-yom-soci
 














突然の高温にだいぶパニックになったでしょうね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    機体内部は防錆の為意図的に湿度が下げてある
    それでも不快だろうなぁ

  2. 名無し

    たこ焼き焼いとった奴でもおるんやろ

  3. 名無し

    あの狭さでこの温度・・・
    きっと湿度はえらいことになってただろうなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング