「靴下の穴」の原因は体調不良のサインだった? 専門家「足先から排出した毒素が靴下の繊維を溶かすこともある」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「靴下の穴」の原因は体調不良のサインだった? 専門家「足先から排出した毒素が靴下の繊維を溶かすこともある」

靴下の穴 (1)

「靴下の穴」の原因は体調不良のサイン?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

靴下の穴 (2)

気がつくと“靴下に穴があいていた”という経験はどなたにもあるのではないでしょうか?
穴が頻繁にあくのは、ある危険が身体に潜んでいるサインかもしれません。
「たかが靴下の穴でしょ!」と安心してはいけないのです。

■サイズや古さの問題だけじゃない!
靴下に穴があく原因として、皆さんが一番に考えるのは、“靴下のサイズが小さかった”、
“長く履き続けていたから擦り切れてきた”、“足の爪が伸びていた”などが多いかと思います。
もちろんそれらも原因のひとつではありますが、それ以外にも、なんと
身体から出る“毒素”が靴下の繊維を溶かしていることもあるのです!

足からでる毒素は、“血液の流れ”と深く関係しています。身体の中に糖分やコレステロール、
中性脂肪などの脂分、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛などの有害金属などの
老廃物を溜め込んでいる状態。それらは、自覚のない間に皮膚の毛穴からもたくさん出ています。
特に老廃物を出しやすいといわれているのが、体の一番先端である足の裏の“指先”だそうです。

■排出された老廃物が靴下の繊維を溶かす
身体の老廃物は、リンパにのって上から下に流れていきます。必然的に足の裏に毒素が
溜まりやすくなります。たくさん老廃物が、徐々に足の毛穴から排出され、靴下の繊維を溶かしてしまい、
穴があいてしまうことがあるんですって!
もしも頻繁に靴下に穴があくようであれば、それは身体が危険を伝えているサインかもしれません

靴下の穴 (3)
http://news.livedoor.com/article/detail/9848256/



コメント

じゃあ私体ガタガタだ(当たってるけど)

・足から毒素は出てないと思うけど、片足の爪には水虫薬が塗ってある。
靴下の劣化に左右の差はない。

敢えてマジレスするが、綿は強酸(硫酸、硝酸)、ポリエステルはギ酸など、
強力な酸じゃないと
溶解しない
「脂分、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛などの有害金属」こんなもんじゃ無理


・待てよ…これを応用すれば、人体を傷つけずに服だけ溶かす夢の液体ができるのでは?

・パンツに穴が開く俺はいったい・・・

キックで相手を溶かすヒーローの登場は近い


冬場寒くて、家の中でかなり生地が厚手のぽかぽか靴下履いていたんですが、この話を参考にすると
高いだけあってデトックス効果もあったみたいです。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

説明書には書いてなかったけど、これ絶対穴あかないし。高いだけのことはある

00822800k-r2


 


コメント

  1. 名無し

    デトックス効果もクソワロタ

    つまり生地の厚い靴下さえ履いていれば常に健康ってことだな

  2. 匿名

    こういういい加減なことを言う専門家とか記事にする奴に
    一度きっちりと落とし前をつけさせてみたいわ

  3. 匿名

    コレと似た理屈で
    足の裏から毒素を吸い取るってうたい文句の怪しげな湿布のようなものもあったなw

  4. 匿名

    バカ記者「専門家「~~~」」

    記者は死ね

  5. 匿名

    マイナスイオンVS足先から溶解液

       (。・ω・)ノ ゴーファイ!!

  6. 名無しさん

    マイナスイオン VS 足先から毒素

       (。・ω・)ノ ゴーファイ!!

  7. deleted

    足裏と内蔵の対応図が出てるけど
    『リフレクソロジーが治療効果を持つとする科学的根拠はない』
    という研究報告は昔からある

  8. 匿名

    老廃物じゃなくて、それをエサにしてるバクテリアが繊維を破壊する
    これは微生物のエサが豊富で衣類に留まるという事でもあるので靴下の穴は開きやすくなり、他の衣類の傷みも早まる
    洗濯物を放置せず、すぐに洗う事でダメージが減らせるが
    健康な状態にあっても運動量や体質、生活習慣によって汗の成分や量も違うので、同じ尺度では測れない
    病気や特異体質が前提ならおよそ何でも在りうるというバカな話になる

  9. 匿名

    <>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング