群馬大病院、最終報告 腹腔鏡死亡「全て過失」 患者8人遺族に補償へ | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

群馬大病院、最終報告 腹腔鏡死亡「全て過失」 患者8人遺族に補償へ

sAS20141114001230_comm

群馬大病院、腹腔鏡手術での相次ぐ患者の死亡は、「全て過失」( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

img_1_1

群馬大病院(前橋市)で肝臓の腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者8人が術後
4カ月以内に相次いで死亡していた問題で、同病院は3日、「全ての事例で過失
があった」とする最終報告書を公表し、遺族全員に補償する考えを示した。

同病院では平成22年12月から第2外科で腹腔鏡手術を導入し、26年6月
までに93例の手術を実施。死亡した8人のうち、4人は導入後1年以内に手術
を受けた患者だったことを踏まえ、報告書では「早期の段階で問題意識が生まれ、
検証と対応策を立てるべきだった」と指摘した。

8人の症例を検証した結果、そもそも肝臓の切除が不適切で投薬治療をすべき
だったケースや、縫合が不完全で感染症を引き起こしたケースなどもあり、全て
の事例で肝臓が手術に耐えられるかなどを調べる術前評価が不十分で、過失が
あったと結論づけた。

AS20141114001230_comm

8人の手術を執刀したのは同一の40代の男性医師で、死亡例が続いたにもかかわ
らず腹腔鏡手術を続けた理由について「(腹腔鏡の)メリットを重視し、ベストな
治療法だと思った」と説明したという。

この医師はほかに、過去5年間に執刀した開腹手術で患者10人が死亡した問題も
抱えており、同病院は死亡した患者の1人はがん治療として手術を受けたが、実際
は良性の腫瘍だったことを明らかにした。この医師は死亡後も遺族に良性の腫瘍
だったことを告げず、生命保険の診断書にもがんと記載したという。

同病院は手術の妥当性や死亡との因果関係は不明としているが、この医師の診療行為
を停止し、診療科長についても科長業務を停止している。野島美久(よしひさ)病
院長は「医師としての適格性に疑問がある」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00000100-san-soci

コメント
普通なら3人目ぐらいで間違いに気付くと思うけど…

8人も死亡しなかったら、病院はこの件を闇に葬る気だったんだろうな。
他の病院、大丈夫なんだろうか…

病院で勤務してましたが、おそらくオペ室の看護師は判っていたはずです。
術前も数人の医師で話し合うので、こんなことはちょっと考えられないことです。

とにかく腹腔鏡手術にトライしてみたかったのですよね?
普通は手術用のダミーでやるはずなんですけどね。

即刻刑事告発すべし。補償は当然だがそれで済む問題じゃない。病院側もだ。



コメント

  1. 匿名

    出てきた件だけでも凄いな
    下のガンの誤診は遺族は勿論保険会社からも訴えられるんじゃねえの

  2. 匿名

    練習台としか思ってないんだな・・・
    何十人殺したら医者でも殺人になるのかな

  3. 匿名

    ところでその40代の医師、好き勝手し過ぎなところからして親が権力者だったりするのかな

  4. 匿名

    大学病院はクズしかいないな
    患者は練習台?学生すらも練習台にしてるんじゃないのか?

  5. 匿名

    まさに殺人病院だな、怖~、世も末だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング