イヤイヤやってない?「SNSのやめどき」を見分けるサイン 「いいね!でイヤになった時」「反応を強要される」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

イヤイヤやってない?「SNSのやめどき」を見分けるサイン 「いいね!でイヤになった時」「反応を強要される」

sPH005952

SNSのやめどきはこんな時。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

lgf01b201312211200

“SNS疲れ”という言葉も一般的になりましたが、TwitterやFacebook、LINE……
とちまたには様々なサービスが溢れていますね。日頃会えない友人の近況がわかる
楽しさや、人脈づくりに活用できるメリットがある一方で、他人の投稿を見るたび
にドッとストレスを感じている人もいるようです。

でも、SNSを義務感で続けているなら要注意ですよ。心のどこかで「しんどいから、
いったん離れてみようか……」と、漠然と思い始めている人もいるのでは?

“やめる一歩”を難しく感じる人もいるようですが、『gooランキング』の公表して
いる調査情報も参照しながら、そんなSNSのやめどきサインを4つご紹介しましょう。

■1:“いいね!”でイヤな気持ちになったとき

たとえば自分の投稿はスルーされているのに、仲間内では“いいね!”をし合っている
ように感じたら、これはやめどきのサインです。友人と自分の“いいね!”の数を比較
してしまうようなときもサインでしょう。

不安な思いで毎日SNSをチェックするなんて、時間の無駄ですよ!

本来は楽しく使うべきツールですから、“悩みのタネ”になっているのであれば、
やめどきサインです。

■2:会いたくない人からの友達申請が多い

もう2度と会いたくない人や、距離を置きたい人から申請が来て困っている……という
のも、やめどきのサインといえるでしょう。

SNSとはいえ、立派な人間関係。「申請された以上は許可しなきゃ、でも投稿を見られ
たくないし……」と、申請が原因でSNSにストレスを感じるのであれば、やめどきです。

そもそもSNSをやっていなければ、それに悩む必要もないのですから。

■3:反応を強要される

上司や先輩などから、SNS上での反応を強要されるような場合も、立派なやめどきサイン。

「“いいね!”しないとまた言われそう。コメント書かないと文句言われるかも」などと
強迫観念にとらわれ、せっせと上司のページを覗いているなんてことはありませんか?

社内でSNSの話ばかりなのでやめるわけには……と思っているかもしれませんが、勇気
を持ってやめれば、その話題自体から距離を置くこともできますよね!

■4:「投稿しなきゃ」という義務感

SNSへの投稿は、本来、楽しみながらするもの。

「今日も何か書かなきゃ!」「リア充(生活が充実している)の投稿をしなきゃ!」と、
投稿に関して、なにかしらの義務感や強迫観念がある場合も、SNSのやめどきといえるでしょう。

なぜそこまで必死になる必要があるのか、1度自分に問いかけてみると、冷静になれる
かもしれませんよ。

以上、SNSのやめどきを示す4つのサインをお伝えしましたが、いかがでしょうか? 

SNSを通じた人間関係に悩む方も少なくありません。人脈作りに活用できる一方で、
なんらかのストレスの原因になっている人もいるのが現実のよう。

本来楽しむはずのSNSが息苦しいものに感じていたとしたら、思い切って一度離れてみる
ことで、心もスッキリするのではないでしょうか。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1472569

コメント
mi**なら抜けました。特定が怖い。

SNSでそこまで思いつめる必要はないと思うが…

これSNSじゃなくフェイスブックオンリーの事象じゃないか。

ふぁぼしなきゃ(義務感)

リアルが充実してる真っ最中ならリアルを大事にした方がいい。SNSとかで要らん
墓穴掘ったりしてリアルに影響出したりするからな。

バカはやめたほうがいいよ

リア充の投稿はしなくて結構ですよ

( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    みんな充実したことを断片的に投稿してるだけなのに、毎日何個も知り合いの良い事だらけだと
    他人がみんな幸せに思えてきて辛い。

    毎日幸せって人も中にはいると思うが、よく考えてみればそうでもないのにね。

  2.  

    ラインとかみんながやってるからってやって、めっちゃ疲れてる奴は可哀想だと思う。

  3. 匿名

    >>2
    まわりに絶対1人はいる、そういうやつ。
    いつも辛そうで、やめろって言ってやりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング