難病に苦しむチリの14歳少女、安楽死の許可求め大統領にメッセージ 「この病気を抱えて生きるのに疲れた。大統領が許可してくれれば永遠に眠れる」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

難病に苦しむチリの14歳少女、安楽死の許可求め大統領にメッセージ 「この病気を抱えて生きるのに疲れた。大統領が許可してくれれば永遠に眠れる」

P034195_s

チリの少女、安楽死許可を求め大統領に懇願。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 


P034194_s

難治性の遺伝病「嚢胞(のうほう)性線維症」に苦しむチリの14歳の少女が
安楽死を認めてほしいと訴える動画をインターネットに公開したことを受け、
ミチェル・バチェレ大統領は2月28日朝、カルメン・カスティージョ
保健相を伴って事前の予告なく少女の入院先の病院を訪問した。

首都サンティアゴにあるカトリック大学病院に入院しているバレンティナ・マウレイラさんは、
両親も知らないうちに病室のベッドでスマートフォンを使い自ら動画を撮影。
動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)に投稿していた。

大統領に宛てたメッセージの中でバレンティナさんは、「この病気を抱えて生きるのに疲れた。
すぐに大統領と会って話がしたい」、「大統領が注射を許可してくれれば、永遠に眠れる」などと
訴えていた。バレンティナさんは「安定した状態」だが、この病気の患者は肺など
重要な臓器の機能が低下し、呼吸不全やその他の多くの症状に苦しめられる。

大統領報道官は先月26日、政府はバレンティナさんの願いをかなえることはできないが、
患者と家族の精神科的な処置の費用を負担する用意があると述べていた。

バレンティナさんの父親、フレディさんは国内メディアに対し
「娘はもう14歳で、この病気のことを誰よりよく分かっている」、「娘は永眠したいと望んでいる」などと話し、
安楽死を望みはしないが娘の意志を尊重するほかないとの考えを明らかにした。

バレンティナさんのメッセージはソーシャルネットワーク上で多くの人に閲覧され、
再生回数は数千回に上った。これをきっかけに、チリでは法律で禁止されている
安楽死についての議論が高まっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00000010-jij_afp-int

コメント
今の世の中
難病じゃなくても、安楽死したい人は
多そうだ

読んで胸がしめつけられました。
健康なら、自分で自分の人生を段々これから歩んでいけるのに。
この先、困難にぶつかる時があるかもしれなくても、
健康なら乗り越えて前へ進んでいけたかもしれないのに。
人間として生まれたら、1日24時間与えられるということ以外は平等でない世の中とつくづく感じる。
この病気への特効薬がここ数年で開発される奇跡を祈るばかりです。

健康でいられることは本当にありがたい。

苦痛を和らげる治療法は無いのだろうか?
こればかりは「頑張れ!」とも言えないし…
賛否両論あるし、難しいね。
自分の子供がもし…と考えさせられる問題です。

読んでて辛い。
彼女とご両親と関係者の皆さんの心が少しでも安らぎますように。

大抵の国では自殺は犯罪扱いにはならないし処罰もない。
安楽死は他人の手を借りるので殺す人の気が重いかも。
治る見込みがないなら本人の意思が尊重されてよいと思いますが、
写真を見るとそこそこかわいいし「もったいない」。

死ぬ事が恐怖ではないのかな。
死ぬ瞬間って苦しくないのかな?
とても考えられないわ。
でもそのくらい生かされることが辛いんだね。

大統領も苦しい決断を迫られるね。イエス・ノーどちらの立場でも
反発の声は上がるだろうし、スルーだともっと顰蹙を買うだろう。どういう答えを出すんだろうね。

記事を読んでだらだら生きてる自分は なんて幸せな時間を棒に振ってるのかと恥ずかしく思う。。

簡単に死んでいいよとも言えないし、辛くても生きろとも言えないし、
難しい問題ですね。ただ、何でもかんでも都合よく声高に権利権利と叫ばれ、
なし崩し的に認められている現状、死ぬ権利というのも視野に入るべきなのかもしれません。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    デジャブ

    これ以前見たな

  2. 匿名

    カトリックでは安楽死・尊厳死・堕胎・避妊等を必要悪ではなく絶対悪とみなす連中なので他者の苦痛なんか知ったことではなく猛烈に反対すると思う

  3. 匿名

    呼吸器系はほんにきついもんな。

  4. 匿名

    「病気にならないと大事にしないのが健康」
    コレを本当に思い知らされる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング