【画像あり】日本赤軍の城崎勉容疑者が帰国、逮捕へ 30年前の在外公館襲撃事件めぐり | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

【画像あり】日本赤軍の城崎勉容疑者が帰国、逮捕へ 30年前の在外公館襲撃事件めぐり

sPH005773

日本赤軍の城崎勉容疑者が帰国、逮捕。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

PH005772
PH005774
PH005775

1977(昭和52)年のダッカ日航機乗っ取り事件をめぐる超法規的措置で出国後、
米国で収監され、先月釈放された日本赤軍メンバー、城崎勉容疑者(67)を乗せた
航空機が20日午後3時19分、成田空港に到着した。警視庁公安部はインドネシア
で発生した日本大使館襲撃事件をめぐり、現住建造物等放火未遂容疑で逮捕する。

逮捕容疑は86(昭和61)年5月、インドネシアの首都・ジャカルタで日米両大使
館に迫撃弾が撃ち込まれた事件で、迫撃弾が発射されたホテルの一室に発火装置を
仕掛け、放火したなどとしている。

公安部によると、証拠隠滅を図った可能性があり、室内からは城崎容疑者の指紋を
発見。公安部は現地の捜査当局と協力して捜査を進める一方で平成4年、国外犯規定に
基づき、国際手配していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000536-san-int

今から37年前、日本赤軍が起こしたハイジャック事件、いわゆる「ダッカ事件」で、
犯行グループの要求により釈放された、日本赤軍のメンバー・城崎 勉容疑者(67)。
アメリカ・アトランタで午前8時半ごろ、城崎 勉容疑者は「(一言だけないですか?)
ナッシング(なにもない)」と話した。午後4時5分、国際手配されていた日本赤軍メン
バーの城崎 勉容疑者が、日本に到着した。

1986年、インドネシアのアメリカ大使館に迫撃弾を撃ち込んだ、いわゆる「ジャカル
タ事件」で、禁錮30年の判決を受け、アメリカで服役していた城崎容疑者。
警視庁公安部は、「ジャカルタ事件」で、ホテルの部屋から日本大使館に迫撃弾を発射
した殺人未遂の疑いで、成田空港に到着した城崎容疑者を逮捕した。
かつて日本政府は、この人物をめぐる苦い過去を味わわされていた。

1977年、日本赤軍がパリ発東京行きの日航機を乗っ取り、バングラデシュのダッカ空港
に強制着陸させた「ダッカ事件」。犯行グループは、日本政府に対し、身代金の支払いと
服役中の過激派メンバーらの釈放を要求した。これに対し、日本政府が下したのは、超
法規的措置という苦渋の決断だった。

1977年9月、当時の園田 直官房長官は「(犯行グループの)2つの要求事項について、原則
として、これに応じるという方針を決めた」と述べていた。当時の福田赳夫首相は「人の
命は地球より重い」として、犯行グループの要求を受け入れ、当時、別の事件で府中刑務
所に服役中だった、城崎容疑者を含む6人を釈放した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150220-00000783-fnn-soci

城崎勉 – Wikipedia

コメント
つまんねー人生だったな。

この時代の熱狂は理解できないと冷めた目で見ることしかできない。
戦って何が変わったかといえば何もないし、何か残したのかといえば何も残ってはいないし。
彼らが何がしたかったのかわからない。
生まれたときにはこの時代の残骸は何も残っていなかったもの。

余罪の総合商社ね

辻元清美 のお友達 のお帰りでしょうか

何のために生まれてきたのか。

まだ、プライドが残っているのかしら…
あと、ほかの仲間たちはいま、どうしているのかしら…

激動の70年代、その象徴が時を超えてこうして大きく動くというのは、
なんだか感慨深いものがありますね。
紙の上、画面の中で学んだものではありますが。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    外国で野垂れ死にすればよかったのに、何で帰国するだよ。

  2. 匿名

    ブサヨども~英雄様のご帰還だぞ~w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング