空間除菌製品は無意味で危険?毒性物質を放散、かえって病気になる恐れも | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

空間除菌製品は無意味で危険?毒性物質を放散、かえって病気になる恐れも

s19861800-l

除菌製品は、かえって病気にかかりやすくなる危険がある。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

AS20140417000399_comm

空気中に浮遊するウイルスや細菌などを除去できるとうたう製品が、テレビCM
などで盛んに宣伝されています。

CMを見ていると、リビングや玄関、寝室、キッチンなどの閉鎖された空間にこれ
らの除菌製品を置くだけで、ウイルスや細菌が原因となっている病気からあたかも
自分や家族を守れるかのような印象を受けますが、それは大きな間違いです。
それどころか、かえって病気にかかりやすくなってしまう危険すらあるのです。
しかも、これらの製品は一つ1000~2000円と高額で、お金を無駄にするばかりで
なく、健康にとってマイナスになる可能性さえあるというのは、なんとも理不尽な話です。

一般家庭の室内には、ウイルスや細菌、カビなどの微生物が常に浮遊していますが、
それらは病気を起こすものではありません。もし病気を起こすものであれば、そこ
で生活する人すべてが病気になってしまうはずですが、実際にはそんなことはありません。
ところが、CMではそれらを「バイ菌」という言葉で表現し、人間にとって害になる
悪者であるかのように描いています。視聴者の恐怖心を煽ることで、除菌製品を
売りつけようとしているのです。しかし、細菌やウイルスは、実際には悪者ではないのです。

「細菌やウイルスは病気を起こす」というイメージがありますが、それは一部であって、
多くは無害なのです。そもそも人間の体自体が、細菌だらけといえる状態なのです。
例えば、皮膚には表皮ブドウ球菌などの常在菌(日常的に存在している細菌)が
1平方センチメートル当たり約10万個も存在し、口内にも数百種類もの細菌がいます。
また、腸には乳酸菌や大腸菌などの腸内細菌が100種類以上、100兆個以上も存在しています。

人間の体は約60兆個の細胞で構成されているので、それよりもはるかに多い細菌が体に
すみついているのです。しかし、これらは害になるものではありません。いわば共生
関係にあって、細菌によっては栄養素を供給してくれたり、病原菌の感染を防いで
くれたりもしています。家庭内の空気中を浮遊する細菌やウイルス、カビも同様で、
それらは人間にとっては無害で、やたらと駆除する必要はないのです。むしろ、除菌
製品から放出される化学物質のほうが有害なこともあります。

d4917-21-113480-0

●塩素ガスよりも毒性の強い二酸化塩素

現在市販されている空間除菌製品は、二酸化塩素という化学物質を放散することによって、
ウイルスや細菌、カビを減らすものが主流です。しかし、菌を駆除するということは、
毒性があるということです。実際、二酸化塩素には、かなり強い毒性があるのです。

第一次世界大戦で毒ガス兵器として使われた塩素ガスは猛毒として知られていますが、
二酸化塩素はそれ以上の毒性があるのです。国連の勧告であるGHS(化学品の分類
および表示に関する世界調和システム)によると、二酸化塩素について、ラットに対
する半数致死濃度は32ppmで、「吸入すると生命に危険」とあります。一方、塩素
ガスの半数致死濃度は146ppmですから、二酸化塩素は塩素の4倍以上も毒性が強いと
いえます。

空間除菌製品を販売している会社のホームページによると、室内の二酸化塩素の濃度を
0.01~0.02ppmに保ち2~8時間経過すると、浮遊するウイルスや細菌を99%除去
できるとあります。それらの製品を家庭内で使用した場合も、二酸化塩素の濃度は同
程度になるのでしょう。ラットが半数死亡する濃度に比べれば低濃度といえますが、
見方を変えれば「薄いガス室状態」の中で生活することになるといえるでしょう。
特に化学物質に敏感な人は要注意です。

二酸化塩素を利用した製品には、首から下げるタイプもありますが、これらについて
は2014年3月に消費者庁が、効果を裏付ける証拠がないとして販売元17社に表示変更
などを求める措置命令を出しました。いずれも合理的な根拠があるとは認められなかっ
たため、景品表示法で禁止している優良誤認(実際のものよりも著しく優良であると
示すもの)に該当するとして、措置命令を行ったのです。排除する必要のない菌を
駆除する除菌製品は、首から下げるタイプだけではなく、リビングや寝室などに置く
タイプについても、そもそも必要ないものです。

しかも、これらの製品を使っていると、かえって病気にかかりやすくなる危険があります。
私たちの体は、周辺のウイルスや細菌、カビなどの刺激を受けることによって免疫力が
維持されています。ところが、それらを駆除してしまうと、刺激がなくなって免疫力が
低下してしまうと考えられるのです。

家の外、特に人がたくさん集まる駅やデパート、スーパーマーケット、コンビニエン
スストア、映画館などには、病原性のウイルスや細菌などが潜んでいることがあります。
そのような場所に免疫力が低下した状態の人が出入りすれば、当然ながら病気に感染
しやすくなります。除菌する必要のない家の中を除菌することで、外に出ると病気に
かかりやすくなるのです。

結局、これらの除菌製品を購入して使っても、何もプラスになることはないのです。
CMに惑わされて買い込まないようにしてください。
http://news.livedoor.com/article/detail/9796380/

少なくとも、普通の一般住宅で使うことはあまりないでしょうね。
病院など人が集まるところは効果的かもしれませんが。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


コメント

  1. 匿名

    これは高度なステマ?

  2. 匿名

    クレベリンのCMが流れ始めたころ、知り合いの薬剤師さんが「あれ嘘なんじゃないかなー、えらく密閉性の高い部屋じゃなきゃ拡散しちゃうし、閉め切っちゃうと毒性あるからねぇ」と言っていた
    誤解を招くとしてCMは打ち切られたけど、別の製品で同じようなのやってるんだよね
    そんなにウィルスだ細菌だと騒ぐなら自ら煮え湯で消毒するといいよ

  3. 匿名

    電車の吊革もダメとか潔癖症増えたからこういうの売れるんだろうな

  4. 匿名

    一昨年かその前に発火さわぎで回収されたよね

  5. 匿名

    薬局の店員自身もよく知らずにこんなの売り込んでるからなw

  6. 匿名

    俺達に言わずに企業にいえよ!無意味だって。

  7. 匿名

    いや こんなの10年以上前からわかってたじゃん
    なんで今さら記事に?

  8. 匿名

    消費者庁は意味なし
    医師は推薦

    どっちを信じるなんて決まってるじゃないですかー
    (あんなボンクラー庁なんか誰も信じねぇってw)

  9. アホ

    強引に除菌すれば日常生活では免疫機能が不要
    外で免疫働かなければ病気になる
    あたりまえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング