嬉しい乾電池サイズ! MicroUSBで単体充電可能な充電式電池が登場 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

嬉しい乾電池サイズ! MicroUSBで単体充電可能な充電式電池が登場

P033729_s

乾電池サイズの単体充電式電池が登場。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 


乾電池の代わりに使用できる充電式電池は、わざわざ新しい乾電池を購入する
必要がないので重宝しますが、充電するのに充電器が必要になるのがネックです。
そんな煩わしい充電器の問題を解決してくれそうなのが、Micro-USBポートを搭載した
充電式電池「LIGHTORS」です。

LIGHTORS: The world’s first MONSTER Batteries! by Jihong Digiacomo — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1097965489/lightors-the-worlds-first-monster-batteries

LIGHTORSの詳細は以下のムービーで説明されています。


使用している電子機器のバッテリーがゼロになったとき……


乾電池を使っているのなら新しい乾電池に換える必要があります。


乾電池を交換した後、使い古された乾電池はそのままゴミ箱へポイされる運命。


ゴミ箱に捨てられてしまう乾電池の数は1年に約100億個もあるそうです。


乾電池に取って変わる可能性を秘めているのがLIGHTORS。


LIGHTORSにはMicro-USBポートが搭載されているので、従来の充電式電池と違って
専用の充電器を必要とせずPCから充電することができます。


LIGHTORSは単三と単四タイプがリリースされる予定。




単三タイプの電池容量は1500mAhで単四タイプは600mAh。パナソニックのエネループ通常版
単三タイプが2000mAhで単四タイプが800mAhなので、電池容量ではエネループの方が優れています。



LIGHTORSの使用回数は約500回。1回の充電でワイヤレスのマウスなら約1カ月間使用可能となっています。


LIGHTORSは単三電池や単四電池で動く全てのデバイスに使用できるとのことです。


LIGHTORSはKickstarterにて出資を募っている最中で、記事執筆現在で目標額の
2倍以上となる出資を集めています。5ドル(約600円)の出資で単四タイプの
LIGHTORS2本とMicro-USBケーブル1本のセットをゲット可能。7ドル(約830円)出資すると、
上述のセットの単三タイプを手に入れられます。日本への配送にも対応していて、
出資締切は2015年3月15日(日)午前6時59分です。

LIGHTORS: The world’s first MONSTER Batteries! by Jihong Digiacomo — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1097965489/lightors-the-worlds-first-monster-batteries


日本ではエコデンがすでにUSB充電式乾電池を発売しているので、
LIGHTORSが最新のガジェットというわけではありませんが、Kickstarterにおいて
1日で出資目標額を超える金額を集めたことから、その可能性に期待してよさそうです。
http://gigazine.net/news/20150217-lightors/

まだまだ乾電池の需要はあるので、MicroUSBで単体充電可能な本製品は重宝しそうですね。
現状キックスターター状態ですが、早く製品化して欲しいものです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    アイディアはすごくいい
    ただUSBソケット部がすぐにイカレそう

    カゴ型のQiで充電切れたら無造作に放り込んどくだけでいいとかできないの

  2. 匿名

    充電器は必要ないけどパソコンは必要なのか

  3. 匿名

    パソコンが必要?
    USBでの充電がパソコンからだけだと思ってるアホか?

  4. 匿名

    >>3
    やめたげてw

  5. 匿名

    >>2
    PS3でも充電できるじゃないか!!

    旅行だったら荷物が減っていいの…かな?
    どっちにしても高いよ

  6. 匿名

    悪くないがワイヤレスマウス1ヶ月って短くねえか
    500回ってのも少ないしエネループでいいな

  7. 匿名

    エネループでいいよなこれ。
    USBもせめて一番メジャーなデフォ端子ならともかくマイクロじゃなあ。
    まぁデフォ端子だと電池に対してでかすぎるけどよ。
    ケーブルに、AC→USBの変換器とか持ち歩くなら、最初から充電器持ち歩くわっていう。
    用途を考えるとあんま外で使いそうにもないし。
    いまどき外で使うもので乾電池使う機器も少なくなってきたからな。
    内蔵バッテリーだったりで。

  8. 匿名

    充電容量回数ともeneloopの方が上!
    以上。

  9. 匿名

    ずっとケーブル差しっぱで
    擬似的なアダプタになりそう

  10. 匿名

    充電器が要らないというより、充電回路を電池に突っ込んだ分、容量が少ないってだけだろう。それも、どこまでの性能を持った充電回路なのか判らない。

    さて、発表されているスペックを信用したとしても

    ・容量的にはeneloop の4分の3
    ・充電回数もeneloop の4分の1

    という電池なので、使える総電力はeneloop の18.75%しかない。1本あたりの値段がeneloop の18.75%より高くなるとすれば、損する。

    その他にも自己放電や負荷電圧、いろいろ差があると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング