和歌山小5殺害事件 中村容疑者「えらいことやってもうた」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

和歌山小5殺害事件 中村容疑者「えらいことやってもうた」

sPH005606

供述中に「えらいことやってもうた」。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

PH005604

和歌山県紀の川市の市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が
自宅近くで刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)が、
和歌山県警岩出署捜査本部の調べに対し、「えらいことやってもうた」などと
殺害への関与を認める供述を始めたことが14日、捜査関係者への取材で
分かった。動機について、森田君にからかわれたからやったという趣旨の
供述もしているといい、捜査本部は、2人の具体的な接点などをさらに詳しく調べている。

中村容疑者は逮捕時から「私は殺していない。男の子(森田君)を見たことも
ないし、知りません」と容疑を否認。事件があった5日夕は「自宅にいて、
テレビを見ていた」と供述していた。

しかし最近になって、森田君殺害への関与について「えらいことやってもうた」などと
供述。さらに、森田君にからかわれたからやったという趣旨の供述もしているといい、
森田君と何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて、追及している。

ただし、犯行時の状況を具体的に追及されると否定するなど、
供述は一貫していないという。また中村容疑者はこれまでの取り調べでも、
突然机に上がって仁王立ちを続けたり、怒りだしたりと不可解な言動がみられることから、
捜査本部は供述の信憑(しんぴょう)性についても慎重に調べている。


これまでの調べでは、中村容疑者宅から押収された刃物3本を鑑定した結果、
1本から血液反応が確認され、森田君のDNA型と一致。自宅玄関にある靴箱の
扉からもDNA型が一致する血痕が検出され、自宅の数カ所から血痕や血液反応が出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00000507-san-soci

コメント
武装した、ひきこもりを説得するのは難しい。
かなりの覚悟がいる、親でも
子供じやないから、大人のひきこもりはなかなか強行手段はとれない。

そういうからかっているシーンを見て、大人がそれを辞めるように言わないといけないのですが、
「逆恨み」されるのが嫌で、何も言わなくなっていますね。例えば、塾帰りの子どもが
電車の中を走り回っていても、何も言わない。「いけないことはいけない。」と言う。
やはり日本人は、少し昔に回帰しないと行けないかも知れません。

まあおれも年配の人からかってげんこつ食らった事もあるけどねえ
小学生の時だったかな
からかわれたら相手がどんな気持ちになるかというのも考える余地もなかった年頃だったかも

からかわれたとしても減刑はない。

精神的にアレだった人がからかわれ、積もり積もったものが
爆発してしまったのかもしれません。親の教育も
大事になってきます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 名無し

    日本人はもっと外国人と生存競争してるということを意識するべきだわ
    敗戦後の教育によって国家意識、民族意識が破壊されてしまった

  2. 匿名

    めんどくさいし、犯人確定してるし、キチガイだし、生きてても今後良いことなさそうだし、即刻死刑にして差し上げろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング