すき家、去年4~12月の赤字25億円 深夜営業の休止が影響 もともと人間の犠牲がなければ破綻していたビジネスモデル | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

すき家、去年4~12月の赤字25億円 深夜営業の休止が影響 もともと人間の犠牲がなければ破綻していたビジネスモデル

P033493_s

すき家、ビジネスモデルが破綻していたことが浮き彫りに。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 


1

牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスが10日発表した
2014年4~12月期連結決算は、最終(当期)損益が25億円の赤字
(前年同期は7億円の黒字)だった。牛肉価格が一時、前年比で2倍にまで高騰したことや、
人手不足で深夜営業の休止を余儀なくされたことが響いた。

すき家は深夜の1人勤務「ワンオペ」などの過酷労働や、アルバイトの大量退職で
人手不足が昨年春ごろから表面化。全国約1900店舗のうち、営業に必要なアルバイトが
確保できないなどの理由で、昨年10月時点で1254店が深夜営業を休止した。
1月末現在でも815店で休止したままだが、同社は6月末までに全店で深夜営業を再開させる考えだ。

同社が4~12月期で最終赤字を計上するのは1997年の上場以来初めて。
売上高は10.2%増の3834億円、本業のもうけを示す営業利益は
75.1%減の14億円にとどまった。ただ、15年3月期の業績予想は
最終損益75億円の赤字のまま据え置いた。


牛丼業界では昨年、吉野家が並盛りを300円から380円に引き上げ、
松屋も380円の「プレミアム牛めし」を投入。すき家も昨年8月に牛丼並盛りを
270円から291円に引き上げるなど価格見直しの動きが相次いでおり、
業績回復につながるか注目される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000057-mai-bus_all

牛肉価格など要因はさまざまあるかもしれませんが、
やはり従業員の犠牲の上に成り立っていたビジネスというのは明白。
人間が人間を使って食事を得るのに200円台しかかからないというのは異常で、
安ければ安いほどいい、を突き進んだ国民性全体にも問題あり。
つい最近ゴキブリ混入もありましたが、価格を上げてでも安全と安全を得たい所ですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

コメント
深夜にどれだけ無理をさせていたか…。

深夜なんて店を開ける意味あるのか?と思ってたけど、実は深夜で儲かっていたんだね。

深夜ワンオペ止めただけで赤字とか、今までどんな経営してきて
従業員に無理させてきたんだよ。

世間は一会社が赤字になろうが破綻しようが一向に構わないが、
経営者と従業員というのはある意味資源争奪戦の対戦相手のような側面がある。
低価格&労働集約型事業はやりたくない

スタッフを奴隷のように酷使し、その屍山血河の上に利益を得ていたことが
これでまる分かりになりましたねw はっきりきっぱりこう言う企業は潰れるべき。

牛丼って以前は450円くらいでしたね。安い仕入れができるようになりイケイケで
拡大してきました。その展開幅が収支バランスの許容範囲を超えていることがわからなかったのでしょう。

ババ抜きのように、
安さと便利と競争によって生じるマイナスを回し合う、
会社と従業員と消費者。

二人で深夜勤務させていたら、どうだったの?深夜営業しなかったことが
主な理由のような言い方だね。必要なコストをかけないで儲けていたんでしょ?



コメント

  1. 匿名

    「ワンオペを止めたせいで赤字になったじゃないか。どうしてくれる!」とか経営陣が本気で思ってそうな気がする。

  2. 三保谷

    十間坂店の田原マネージャーもセクハラしたり、暴言とか言ってたしね・・・

  3. 匿名

    儲けようと思って商売したらだめよ。
    スタッフを犠牲なんて言葉もおかしい。
    立ち上げた時の初心の気持ちを忘れた途端にいろんな企業が潰れていくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング