ベンチャーが「ブラック企業」にならないために――若者の「使い捨て」を防ぐ方法 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ベンチャーが「ブラック企業」にならないために――若者の「使い捨て」を防ぐ方法

P020471_s

ベンチャーのブラック企業化を防ぐには。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


5ONFUSZ0

ベンチャー企業の創業メンバーが、サービスを軌道に乗せるために、
昼夜なく働いた――。そんな武勇伝を聞くことがある。だが、経営陣ならともかく、
従業員にまでそんなことを要求したら、ベンチャーではなく「ブラック企業」と
見なされてしまうかもしれない。

ただ、立ち上がったばかりのベンチャー企業には、労務管理の専門家を
雇ったり、相談したりといった余裕がないケースもある。
そんな企業では、自社の労働条件や雇用契約の内容が適法なのかどうか、
担当者が不安を抱えているケースもあるようだ。

自社の「ブラック企業化」を防ぐために、最低限注意すべきことは何だろうか。
労働問題にくわしい野澤裕昭弁護士に聞いた。

●「違法労働」と「使い捨て」がキーワード

「ブラック企業とはなにかについては、さまざまな考え方がありますが、
ブラック企業被害対策弁護団は、『違法な労働を強い、
労働者の心身を危険にさらす企業』と定義しています。

厚労省は、ブラック企業という言葉は使っていませんが、
“若者の『使い捨て』が疑われる企業”という表現をしています。

つまり『違法な労働』と若者の『使い捨て』がキーワードです」

若者の「使い捨て」とは?

「ブラック企業で体を壊したある若者は『自分は燃料のように燃やされた』と
述懐しています。この言葉にブラック企業の本質が示されています。

ですから、ブラック企業にならないためには、当たり前のことですが、
労働者を人間として扱わなければならないという意識を、
常に忘れないことが基本です。
また、そうした意識のもと、
『違法な労働』をさせないことが重要となってきます」

●長時間労働をさせてはいけない

その「違法な労働」とは、どんなものだろうか?

「そうした職場で主として問題となるのは、次の4つです。
まず、これらの指標をクリアすることが大事です。

(1)長時間労働・サービス残業

(2)ハラスメント・いじめ

(3)退職妨害

(4)有給休暇を取得させないこと」

それぞれ、気をつけるべきポイントは?

「(1)の労働時間に関しては、1日8時間、週40時間制を遵守すること。
また、残業させるときは、法令に基づき残業時間をタイムカードなどで
管理したうえで、きちんと残業手当を支払うことが重要です。

(2)のハラスメント・いじめを防止するには、職場で人格侵害や
いじめがされていないか監視し、相談窓口をもうけるなどの配慮をするべきです。

(3)の退職は、原則として自由なので、そもそも引き止めなどを
しないことですね。また、(4)は有給取得がしやすいように、
休んでもいいような人員配置が必要です」

まずはこうした点をクリアしたうえで、より細かな部分は専門家に相談すべき、
ということになるのだろう。野澤弁護士は次のように締めくくっていた。

「つまり、最低限必要なことは、労働基準法や労働契約法などの
関係法規を遵守し、長時間労働をさせず、職場の環境について、
上司等が監視・配慮することです。

厳しい競争にさらされている企業は、利益追求のあまり、
無意識に労働者をモノ扱いする危険があります。
そのことを肝に命じてほしいものです」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00001617-bengocom-soci 

005442
サービス残業を増やそうとする安倍ちゃん。

特に、新人については、
仕事に慣れるまでの間は、極力、定時間で上がらせたりなど、
無理をさせない事だよ。
まじめに働く新人ほど、確かに仕事を覚えるのが早いから、
次々に仕事を任せたりしてしまうけど、
かといって、ベテランほど場馴れをしていないし、
繁忙期の乗り切り方も熟知していないのだから、
永く働いてもらう事を考えたら、早く帰らせた方がいい。

労働関係はどうせ労基はまともに動かないと思ってやり放題だからな、
一部だけでも見せしめに潰れるのも厭わないくらいの厳罰を課せばいいのに

ベンチャーとは名ばかりで「自社ならでは」の売りを持たず、
既存のビジネスモデルを追いかけているだけの新興企業が、
そうなる可能性が高いだろうね。他社に比べて提供できる商品や
サービスにメリットがなければ、コスト削減競争しか道がなく、
それは従業員の使い捨てで達成するほか無い。
創業時の苦労だなんて言い訳が通用するのは経営者だけだし。

ベンチャーで新卒を雇うのはアドベンチャーな気もするが。

社員を大事にしない会社は結局潰れる!


組んでやっているというのならまだしも、
他人を雇った以上は、キッチリ時間は守らなければなりませんね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯







コメント

  1. 名無し

    それかなんか
    従業員

    あーやっぱりいいや
    画期的すぎてこんなくそブログに書くのもったいないわ
    こんな政府と裏でつながって
    日本の闇社会を牛耳ってるような悪いブログには

  2. 名無し

    難しいことを考えず、労働基準法を尊守すればいいだけの話
    現状が法律とかけ離れていて、それを労基署が是正できないのが問題
    その上でサビ残を法的に合法としようとしているのが今後の懸念
    更に単純作業や肉体労働を外国人に低賃金でやらせようとするから問題が悪化する

    でも逆に捉えると、日本人が出したゴミは日本人が回収して焼却場へ持っていく
    これが無駄に大学進学率が高いせいで出来ない
    だから俺は大学への進学についてキチンとした法整備が必要だと思うし、Fランク大学は潰すべきだと思う

  3. 名無し

    初日から「なんで先に帰ろうとするの? きちんとお伺いを立てなさい」という企業が多い事実

  4. 名無し

    労基が無能なのが全ての原因

  5. 名無し

    >労働者を人間として扱わなければならないという意識
    使う側の上司とか社長が頭おかしい、というか「人間」でないから、社員を人間と
    見なすことが出来ないんんだろうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング