ビジネスメールで「w」みたいな草生やすのはNG? 「!!」や顔文字など 線引きはどこに | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ビジネスメールで「w」みたいな草生やすのはNG? 「!!」や顔文字など 線引きはどこに

P033429_s

ビジネスメールで草生やすのはNG?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 

1269854p

社会人には欠かせない「ビジネスメール」。友達とのメールとは違い、
堅苦しい文章になるのは当たり前。しかし中には、「よろしくお願いします!!!!」と「!」を
多用したり、顔文字や「ww」を使う人もいる。
ビジネスメールで「w」や「!!」を使うのはアリかナシか質問してみたところ、
「ナシ」という意見が多数であった。

■ビジネスメールに装飾は要らない

「私信では無いのだから、ナシですね」(木納明日香さん)、
「メールといえどビジネス文書に変わりは無いのだろう。こんなメール打ってくる奴の
会社とは取引したくない」(yuiaikaiさん)と、ビジネスメールにおいて「!!」の多用や
「w」の使用はナシという意見が大半を占めていた。

しかし、「場合による。『!』まではありかもしれないが『w』はなし」(やっさんさん)や、
「無意味に(無駄に)多用するのはアウトです」(まるX2さん)と、ある程度までは許せるという人もいた

■「!!」や顔文字を使ってしまうのは女性のナルシスト!?

ほとんどの人がナシという中、このような「!」を多用したり、顔文字を使った
メールを送る人はどのような人なのだろうか? 『心をつかむメール術』の
著者でもある心理学者、内藤誼人先生にお話を伺ってみた。

「ビジネスメールで『!!』や顔文字など装飾を多く使ってしまう人は、女性が多いですね。
また、ナルシストの人も、それらを使いやすい傾向にあります」(内藤先生)

男性は、簡潔に物事を伝えるため、メールに無駄なことは添えないとのこと。
さらに、この意見を支持する実験データがあるという。

「アメリカのウェスタン・ニューイングラム大学のキャサリン・デイロンは、
参加者に親しい友人を思い浮かべてもらい、その人のバースデーカードを
書いてくださいという実験を行いました。その時、ナルシズムについてのアンケート調査も
行っていました。その結果、ナルシズム傾向が高い人ほど、カードの
デコレーションが多いという結果に。また、男性よりも女性にこの傾向はみられました」(内藤先生)

つまり、ナルシストな女性がビジネスメールで「!!」や「w」、顔文字などを使用するのである。


おしトピの読者の回答では、ビジネスメールでは上述のような
装飾は「ナシ」ということであったが、内藤先生によると、ビジネスメールは
ある程度砕けた表現の方がいいとのこと。その方が、相手も砕けた返信を
返すため、仲良くなりやすく、かつ距離感も近くなるという。そうは言っても
それは「よろしくお願いしますね」と表現を和らげる程度であり、
「w」や顔文字は控えた方がいいだろう。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1441611

P033430

感覚的には“絶対にありえない”ですが、それもまた
凝り固まった考え方なのかもしれません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 



コメント

  1. 匿名

    仕事のメールで使ってくる時点で
    常識がなってない相手なので印象最悪

  2. 匿名

    信用ゼロからスタートになるだろうなぁ
    メールの頭から枕詞ない人も同様
    お世話になっております、お疲れ様です
    そんな言葉すら入れられない人もいるよ
    当然評価はそれなりだ

  3.  

    wだからというか感情を入れずにテンプレ的にもならないくらいの書き方をしてる

  4. 匿名

    メールじゃなく手紙と思って書いたら「w」なんて非常識って直ぐにわかるんじゃ
    仕事じゃなくても余程私的且つものすごく仲の良い人じゃないなら「w」なんけ怖くて使えん
    句読点と思ってんの?って思う程多用してくる奴居るからびっくりする

  5. 匿名

    そもそも最近wの使い方が間違ってる。
    こんにちはwとかごめんwとかな。酷いのになると句読点代わりにw使うやつもいる。
    お前はあいさつしたり謝罪するときに笑いながらするのかと。
    一度wの意味についてきちんと定義付けされた方がいいかもしれんな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング