人間の革を剥いで作られた“人皮装丁本” ハーバード大図書館にある3冊中1冊が“99.9%の確率で本物”と発表 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

人間の革を剥いで作られた“人皮装丁本” ハーバード大図書館にある3冊中1冊が“99.9%の確率で本物”と発表

P020344_s

あの“人皮装丁本”、ほぼ本物。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


199da54c

ハーバード大学図書館が所蔵する『人皮装丁本』といわれる
3冊の本の内1冊に、99.9%の確率で人の皮が使われていることが判明したと、
現地6月4日に図書館公式ブログを通じ発表されました。

ハーバード大学が所蔵する3冊の『人皮装丁本』といわれる本については、
以前からその真偽が騒がれていましたが、内2冊は羊の皮を使った
偽物という事が判明。

偽物の内1冊には「この本の装丁はWavuma族によって、1632年8月4日に
生きたまま皮膚をはがされた、私の親友、Jonas Wrightが残したものである。
この本はMbesa王が私に下さったもので、これは貧しかったJonasの
持ち物の中でも意義のあるものであった。Jonasの皮膚は本を
装丁するのに充分であった。冥福を祈る。」
という意味深な記載があっため、
3冊中特に注目を集めていましたが、近年発達したタンパク質の
調査方法(ペプチドマスフィンガープリンティング)により、今年4月に
偽物であるという事が発表され、世界中のオカルトファンから
残りの本の分析が強く求められていました。
今回も同じ調査が行われ人の皮を使用した本だという事が分かったそうです。

こうした『人皮装丁本』の装丁技術は16世紀には確立していたとされており、
当時は死刑された人の遺体や、医学解剖を行った人の遺体から
採取し作られていたそうです。
世界各地の図書館には『人皮装丁本』と呼ばれるものがいくつか
残されていますが、これらの由来はよく噂されがちな「悪魔崇拝」的な
意味合いで作られたものでなく、あくまで医学研究の結果の
副産物的な物が多いようですね。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1097363
 
005442
贈り物…当時は喜ばれたんだろうか?

モノホンのは亡くなった方の皮だからいいけどよぉ・・・
これは中々猟奇ネタに使えそうでござる。

ちゃんと加工されてるから他の動物の皮と変わらない
保存方法なのだろうか?気になる

副産物でどうしてそんなの作りたがるんだ…。

\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!

 
よくもこんなキチガイブックを!

本物・・・おおう。( ;´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    ジル・ド・レェの宝具ですね。これが化け物を生み出すのか…

  2. 名無し

    リサイクルリサイクル。
    燃焼させて錬成素材以外のエネルギーを出すくらいなら使えるもんは使おう。
    ムダに場所とってムダに継続費用のかかる物なんか要らない。まだ銅像のほうがマシ

  3. ALI PROJECT「禁書」の世界だな

  4. 名無し

    どこのネクロミコンだよ

  5. 名無し

    ワイの余ってる皮なら使ってもいいで

  6. 名無し


    豆本しかつくれねーよw

  7. 名無し

    ルルイエ異本か

  8. 名無し

    クトゥルフムグルーナ

  9. 名無し

    ひぃいいいいっ

  10. 名無し

    背中一面から上腕、尻大腿にかけて、曼陀羅のタトゥーのある皮なら見たことがある。
    綺麗に人の形のまま剥がされてて、1枚の絵のように額に入ってた。
    値段付いてた、日本円にすると3000万ぐらいだったかな。
    チベット 拉薩にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング