ヨルダン軍パイロット殺害の時期で新たな議論 すでに殺されていた? | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ヨルダン軍パイロット殺害の時期で新たな議論 すでに殺されていた?

s667801c2

ヨルダン軍パイロット殺害の時期で新たな議論。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

PH005346

ヨルダン軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉の「殺害」
映像は、その時期と狙いを巡って新たな論議を巻き起こしている。

ヨルダン軍の発表通り中尉が約1カ月前に殺害されていたなら、
「イスラム国」(IS)は中尉の生存を偽ったまま、ヨルダンで
収監されている前身組織メンバー、サジダ・リシャウィ死刑囚と
フリージャーナリスト、後藤健二さんの交換を要求していたこと
になる。ヨルダンや日本は中尉の生死を確認できないまま、
ISに振り回された格好だ。

ISにとっては、ヨルダンが死刑囚を釈放すれば「成果」を
アピールできるし、釈放しなければ後藤さんや中尉の運命を
ヨルダンに負わせることができた。もっとも、仮に死刑囚が
釈放されていたとしても、後藤さんが解放されたかどうかは
疑わしい。ヨルダンは死刑囚の釈放後に中尉の死を突き付けられる
可能性もあった。

ISがはじめから死刑囚の釈放を期待せず、後藤さんを解放する
つもりもなかった可能性もある。中尉の奪還を最優先したヨルダン
政府が、その「生存確認」なしに死刑囚を釈放することは考え難い
からだ。ISの真の狙いは、「人質殺害」の責任をヨルダンに転嫁し、
揺さぶりをかけることだったと考えられる。

ヨルダン紙エルガットのファヘド・ヘイタン編集顧問は毎日新聞の
取材に「ISは最初から、後藤さんも、中尉も解放するつもりなど
なかった。人質解放交渉は、彼らの存在を誇示するための宣伝に
利用しただけだ」と分析する。

一方、中尉の「殺害」時期に関するヨルダン軍の発表には、確たる
根拠が示されていない。ISも新たな映像でその時期に触れていない。
真実はいまだ、ISとヨルダン政府など関係機関との情報戦の中で
かすんだままだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000027-mai-m_est

コメント
テロリストと交渉しても仕方ないことがよく分かる事例。

ヨルダン国民の怒りは痛いほどわかる。
自分もはらわたが煮えくり返る思いだ。
しかし、ヨルダンは今こそ国王のもとに結束して、
冷静に行動して頂きたい。
ISILを一刻も早く壊滅させられるよう、
世界が協力していくことを願います。

ヨルダンが、IS内にスパイを送り込んでいたのなら、
中尉殺害の時期はあらかじめ察知していたかもしれない。
しかし、後藤氏の命がかかっていたため、軽々しく、
公表できなかったのではないか。

まともに交渉出来る相手ではない事が分かった。
交渉するつもりもなかったはず。パイロットは気の毒だ。
許せない行為です。

後藤さんより以前に殺されていたことだけは、確かだろう。
交渉のカードとして、最強だったハズのパイロットの命と
死刑囚の交換が一度も切られなかった事で良く分かる。

すでに殺害されているという見方が濃厚ですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    ジョゴが持ってた写真にもどうがの鉄格子が写ってたしなぁ

  2. 匿名

    そもそもまだ生きてると思ってたやつは何なの?
    俺はかなり初期からもう殺されてると思ってたが
    テロリストが自分のアジトばらすようなことするわけないだろ
    身代金もらって解放されるなんて夢見てるやつは自民党に必死に噛み付く偽政治家だけでいい

  3. 匿名

    イスラム国からしたら敵国の軍人なんだから
    捕まえた時点で処刑されてても不思議はない
    ジャーナリストを交渉の材料に使うのとはわけが違う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング