PC遠隔操作事件の片山被告に懲役8年の判決 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

PC遠隔操作事件の片山被告に懲役8年の判決

017016

PC遠隔操作事件の片山被告に懲役8年の判決 !( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 


017015

他人のパソコン(PC)を遠隔操作し、インターネット上で無差別殺人などの犯罪を予告したとして、
威力業務妨害などの罪に問われた元IT会社員、片山祐輔被告(32)の判決が4日、東京地裁であった。
大野勝則裁判長は「見ず知らずの第三者を犯人に仕立て上げるなど、サイバー犯罪の中でも悪質な犯行だ」
として、懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。

一連の事件では4人が誤認逮捕され、サイバー犯罪の捜査が見直されるきっかけとなった。
片山被告は2013年に逮捕されてから一貫して無罪を主張していたが、保釈中の昨年5月に真犯人を装った
自作自演のメールを送信したことが発覚。一転してすべての罪を認めていた。
片山被告は威力業務妨害のほか、ハイジャック防止法違反などの罪でも起訴された。

判決は、片山被告について「腕試しをしたいと考え、国家権力に対する個人的な恨みから犯行に及んだ」と指摘。
犯行後に犯行声明メールを送ったことについては「捜査機関に対する優越感を得るために世間を騒がせようとした」
とした。自作自演メールの送信は「保釈中に行われたものとしては類を見ない悪質な証拠隠滅行為だ」と厳しく批判。
「進退窮まり、もはや言い逃れできないと観念して罪を認めた」とした。

検察側は論告で、「サイバー犯罪史上まれに見る卑劣な犯行。第三者を身代わりとして犯人に仕立て上げ、
あらゆる手段で罪を免れようとした」と非難。弁護側は、
「正しい捜査をすれば誤認逮捕は防げた。被告は内省を深めている」として寛大な判決を求めていた。
http://www.asahi.com/articles/ASH234QP0H23UTIL025.html

求刑は10年、裁判の結果は8年。
PCを介した「遠隔操作」「誤認逮捕」と、いつ自分が巻き込まれてもおかしくない犯罪ということで
大きな注目を集めた事件でした。

保釈中のマスコミへのアピールで同情を集めたり、会を発足して有名人を巻き込んだり。
この刑が妥当なものかはわかりませんが、記憶に残る事件であったことは間違いありません。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    見ず知らずの第三者をって、それ警察が誤認逮捕した上自白強要したのが大部分だろ。
    しかもろくすっぽ審査しないで逮捕令状出した自分ら裁判官の責任はどうなんだ?
    サイバー犯罪したにしても、警察と裁判官が投げやりでいい加減な仕事しかしてないから招いたことの責任を全部おっ被せるのはさすがにどうかと思うわ。

  2. 匿名

    たった8年で出てくるのかよ、、、

  3. 名無し

    これは軽いんじゃね

  4. 名無し

    誤認逮捕多かったからな
    警察もずさんだった

  5. 匿名

    気持ち悪い顔

  6. 匿名

    最初からこいつが犯人だと確信してた
    顔がブサイクだから

  7. 匿名

    こんなふざけた奴も死刑で構わんだろ!

  8. 匿名

    警察もずさん!でもそれはいつもどおり棚の上ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング