学生追いつめる「ブラックバイト」の過酷な実態 『それでも辞められぬ“3つの理由”』 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

学生追いつめる「ブラックバイト」の過酷な実態 『それでも辞められぬ“3つの理由”』

P033163_s

ブラックバイトの過酷な実態とは。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 

b4ff9d33

シフトにはない突然の勤務命令、長時間労働でも支払われない残業代-。
学生アルバイトで近年、こんな被害が相次いでいる。大学ではゼミが成り立たず、
試験に出席できないなどの実害も出ているが「簡単には辞められない」のが
特徴だという。これらを総称して生まれた言葉が「ブラックバイト」。
背景には非正規雇用が常態化したことなどがあるが、専門家は「『学べぬ学生』が
大量に世に出れば、日本経済の崩壊にもつながりかねない」と懸念する。

■シフト外なのに「塾長」から電話が…


東京都内に住む大学2年の女子学生(21)は昨秋から、
個別指導塾で講師のアルバイトを始めた。求人では90分1授業で給与が
1600円~2300円。割の良さで決めたはずだった。

だが、働き始めると、実態は大きく違った。授業の1時間前からテキストの作成、
授業後は生徒個人の「報告書」の作成が必要で、2時間はかかる。
生徒への年賀状や教室の掃除も担当させられ、残業代は一切出ない。
時給を計算すると、東京都の最低賃金(888円)を下回った。
平均3~4人の生徒を教えるはずが、「人手不足」を理由にアルバイト講師6人で
50人以上の生徒を教える日もあり、帰宅が深夜になることも多くなった。

最近では、教室で唯一の社員である「塾長」から、携帯に電話がかかってくるようになった。
「悪いけど明日、入って」。シフト外で契約とは異なる教室で教えるよう、突然、
指示が来るのだという。「講師をギリギリで回しているのを知っているので、
断りにくい」と、女子学生は大学の授業がある時間でもアルバイトを
優先するようになった。現在のシフトは週2日だが、
これから増やされる不安もある。

塾長の指示で苦手な英語も教えている。だが、教え方や答えが分からずに、
生徒にばれぬようインターネットで調べたことも。アルバイトを辞めたいと思うが、
塾長から「難しい問題を教えるだけでなく、モチベーションを
上げさせるのも仕事だろう。今の中学2年生が卒業するまでは続けてほしい」と
言われ、切り出せないでいる。

1~2月は受験を控える生徒にとって重要な時期だが、ちょうど大学のテスト期間と
重なり、「勉強時間が足りないし、必修の単位も落としそう。
どうしたらいいんでしょうか…」(女子学生)。

学生アルバイトを含めた労働問題に取り組むNPO法人「POSSE」によると、
塾講師のアルバイトをめぐる相談は増加しており「辞める場合は代わりの別の
人間を連れてこい」と言われたケースや、「損害賠償請求訴訟を起こす」と
脅されたケースも確認されている。 



P033164

■バイトの弊害でゼミ合宿ができず

中京大学国際教養学部の大内裕和教授(47)=教育学=が、学生アルバイトに
“異変”を感じるようになったのは、7年ほど前からだ。ゼミ合宿の日程を
決める際、1人の学生が「バイトは3カ月先までシフトが決まっているので
先に延ばしてほしい」と言えば、別の学生は「1週間前に言い渡されるので、
それまで予定が分からない」と主張。日程調整できず合宿が取りやめになったのだ。

「バイトがあるので試験日程を変えてもらえないか」と言い出す学生もおり、
実際に試験を休んで単位を落としたり、留年したりする学生も出始めた。

大内教授が詳しく話を聞くと「バイト先で不可抗力で壊れたものを弁償させられた」
「ノルマを課せられ、達成できないと給料から天引きされた」
「12時間連続で働かされた」といった過酷な実態が次々明らかになった。
「一見、学生が不真面目なように思えるが、本当に真面目な学生が
『勉強したいのに休めない』と切実に訴えてくる。一昔前のバイトは気楽だったが、
明らかに違うものになっていた」(大内教授)。

大内教授がそんなアルバイトの総称として命名した言葉が「ブラック企業」に
なぞらえた「ブラックバイト」だ。「学生であることを尊重しないアルバイト。
低賃金であるにも関わらず、正規雇用者並みの義務やノルマを課されたり、
学生生活に支障をきたすほどの重労働を強いられる」と定義している。

大内教授らが昨年行った調査では、アルバイト経験のある大学生2524人のうち、
67%が「不当な扱いを経験した」と回答。「希望していないシフトに入れられた」(21%)
▽「労働条件を書面で渡されなかった」(19%)▽「実際の労働条件が募集の際と違った」(18%)
-などが上位を占めた。一方で、そのバイトを辞めたと回答したのは20%にとどまり、
「何もしなかった」が半数に上った。

■辞められない3つの理由は

なぜ辞められないのか。大内教授によると、大きく3つの要因があるという。

1つ目は親の経済的事情の変化だ。「親の所得が減ったことで
一人暮らしの子供への仕送り額が下がり、その分をバイトで賄っている。
多くの学生がバイトをやらないと生活が成り立たない」(大内教授)。

続く理由がフリーターとの過度な競争だ。ある理系の学生が大内教授のもとへ
「バイトの面接に50社落ちた」と相談に来た。
「大学で実験がある日は行けないと言うと『使い勝手が悪い』と
働かせてくれない」のだという。勤務時間で融通が利くフリーターの増加で、
辞めたくても次のアルバイトが見つからず、居続けざるをえない

さらに、高い習熟度を必要とするアルバイトが増え
「新しい仕事を最初から覚えるのは難しい」と、
学生が「転職」に二の足を踏む傾向にあるという。

対策として、大内教授らは「ブラックバイト」への対処法をまとめた冊子を
作成した(「ブラック企業対策プロジェクト」のホームページからダウンロード可能)。
学生側の対応を初級編~上級編に分けて、Q&A方式で説明している。
「残業代が払われない」「休憩時間がない」など違法性のある
労働を学生に気づかせる点に主眼を置いた。

ブラックバイトの被害者は、学生だけではない。学生バイトに
正規雇用者並みの労働をさせることで、正規雇用者数が減り、
処遇も低下するというデメリットもあるという。
こうした点も踏まえ、大内教授はこう危惧する。

「『安くて使い勝手がいい』学生が、日本経済に組み込まれている。
職業現場に出てから企業が本当に鍛えようと思っても、
学業の土台がなければ国際競争に勝てない場面も出てくるだろう。
このままではブラックバイトが元凶となり、日本経済がいずれは
崩壊する可能性すらあるのではないか」

大内教授は大学や行政にブラックバイトに関する相談窓口を設けることや、
企業側に学業との両立が可能になるよう配慮を求めるなど、
問題提起を続けていくつもりだという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000581-san-bus_all



ブラックバイトの過酷な実態が改めて浮き彫りに。
さらに、そもそもバイトをする必要がないような、実家が裕福な学生との差が開き、
昨今話題の世襲資本の固定化、格差の拡大化にもつながっていきますね。
“若いうちに苦労を”の度が過ぎるのも考えものです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

コメント
ブラックバイト問題の背景として、親の貧困問題がある。
「嫌なら辞めればよい」が通らない現状が、学生を苦しめている。
バイトが、遊び金目的だった時代の感覚で捉えても、当事者の抱える問題の深刻さは理解できない。
ブラックバイトでの悪い経験は、大学卒業後にブラック企業で使い潰される、予行演習となっていく。
私たちブラック企業対策プロジェクトは、ブラックバイト問題についても、取り組みを進めていきたい。

背景にある学費の高騰も見過ごせない問題。
親の所得は下がり、学費が高騰すれば学生も資金集めに奔走するしかなくなります。
さらに、日本の奨学金は有利子の貸付であり、給付はほとんどありません。
海外と比較しても教育支出に占める予算割合が低いのが日本の特徴です。
人口減少社会の担い手として、社会を担えるように、せめて若者への
教育投資を実施いただきたいです。

自分1人で考え込むのではなくて
学校に相談した方がいいです

「バイト」を真面目に考える。
大事ではあるが、あくまで「バイト」だよね。
もっと楽にって思う。


 



コメント

  1. 名無し

    社会成熟度が増したために
    かつての正社員へ押し付けられていた責任がアルバイトへと向けられるようになった
    アルバイトはいまや正社員の代替であり
    その実態は契約社員そのものでしかない

    というか、そういう考えのクズ役員が増えた

  2. 匿名

    結局経営者や店長等の雇う側の人としての質が落ちたのが一番の原因
    労基法の厳守と守らなかった場合の厳罰をもっと明確にして違反をさせないようにする事がブラック企業やブラックバイトを無くす事に繋がる
    政府や役所はそれを推進すべきなのに企業からの税収の為に黙認を続けている

  3. 匿名

    ブラックであろうとバイトも正社員も、金もらっている以上働きなさい。
    賃金が高い安いじゃないんだ。そもそも、働いている人材の価値が低いだけなんだから
    それを否定するような身分でも学もない連中がギャーギャー騒いだところで変わらない。

    それが嫌なら、自分で学生のうちから起業、もしくは商売しろ。日銭を稼げるレベルの商売なんて
    いくらでもできる。そういった手間を惜しんだ分搾取されるのは当然。

    ブラックのバイトはどんどん増えていい。舐めた学生たちに、成人したら合理的奴隷=社畜になるという
    現実を教えるためにも必要悪でしかない。

  4. 匿名

    社会が成熟してるのに使用者が従業員に対してすることは前近代的な働かせ方なあたり日本は本当に技術以外三流だと思う。こんなに労働法規無視してもお咎めなしの国って先進国では日本しか無いんじゃない?

    指定暴力団よりもコンビニチェーンとか塾、飲食店といった一般企業の方がよっぽどヤクザかもねw

  5. 匿名

    >>3
    経済も法律も知らない白痴乙w

    法令守れない企業者は日本にいらないから、出てっていいよw
    法治国家って知ってまちゅかー?^^

  6. 匿名

    明らかにおかしい待遇なのに
    アルバイトがそれを言い出せない、言いにくい、とかでもなく
    言う元気、気力などが全く無くなってしまってるのが今の日本人
    無気力になるしかないような国の現状がいけないんじゃない?
    昔の学生とかは、状況は違えどもっと元気があったよね多分。

  7. 匿名

    >>3のような思考の人間ばかりが多いからこういう現状になる。
    幾ら言った所で一切聞く耳持たないから改善以前の問題のままで終わるだろうけど。

  8. 匿名

    遊興費稼ぎのバイトならともかく、学費まで子供にバイトさせなきゃ
    大学にも通わせられないような甲斐性の無い親には成りたくないな

  9. 匿名

    俺が学生の頃なんかは社長(1店しかない)に
    「おう試験は大丈夫そうか?無理そうなら早く言えよシフト考えるから」と学業優先してもらえた
    そういう恩義を感じるから与えられた仕事を一生懸命やるだけじゃなく、効率良くする方法とかバイトの職場環境を向上させるアイデアを考えて社長に直接言った
    またそれを社長も真摯に聞いて、良ければ採用してプチボーナスくれたりもした

    今はなんかシステム化しちゃってつまらないね
    仕事って間違いなく人と繋がらなければ出来ないものなのにドライなもんだ

  10. 匿名

    本当に嫌なら、バイトなんだしバックれるだろ?でも、それをしない。
    頭ではバックレという手段を理解してるけど身体がビビってて行動に移せない←命令されないと出来ない。
    所詮、その程度の人材だってことを理解して働こう!(^^)!
    このバイトブラックじゃなくて、ブラックバイトでしか働けない自分なんだ。
    ブラックバイトで働いてるのは偶然じゃない。必然!
    一生そういった仕事にしか就けない自分を、そして生まれてきたくもなかったのに
    勝手に快楽におぼれて産み落とした両親を恨むんだ!(^^)!

  11. 匿名

    待遇はアルバイトだけれども責任は社員並みというのが不思議

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング