「観光で来た」と偽り入局 「鯨・イルカ漁」反対活動や取材をする無法外国人の“問題行動” | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「観光で来た」と偽り入局 「鯨・イルカ漁」反対活動や取材をする無法外国人の“問題行動”

P020245_s

観光目的と偽る外国人たち。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P020244_s

和歌山県太地町の「町立くじらの博物館」への入館を拒否されたとして、
捕鯨反対を訴えるオーストラリア人女性らが慰謝料などを求め和歌山地裁に
提訴したことが大きな波紋を広げている。
女性らは「人種差別であり、思想信条の自由を侵害する」と主張するが、
同町では数年前から、「シー・シェパード」など反捕鯨団体の
威嚇的な行動が目立ち、最近も外国人グループがカメラを構え
館内を無断で取材するなど問題行動をとっていた。

博物館側は「入館を断ったのは混乱を避ける措置で、
決して人種差別ではない」と説明。今回の騒動は、反捕鯨団体に
神経質にならざるを得ない町の苦悩を改めて浮かび上がらせた。

(中略)

■大型カメラで館内撮影

ここに至るまでには“伏線”もあった。

同博物館では2月初め、外国人ら約10人のグループが入館し、
館内での撮影をめぐってちょっとしたトラブルがあったという。

同館によると、日本人数人を含むグループは「観光で来た」といい、
全員分のチケット代を払って入館した。同館1階は、入り口から
前方に進めばクジラの骨格標本などの展示、左方向に行くとイルカがショーを行うプールがある。

一行のうち、外国人らはすぐプールの方へ向かった。プールには、
今年1月にイルカの追い込み漁で捕獲された、色素が作り出せない
アルビノ(突然変異)の「白いイルカ」がいたが、そのイルカを外国人らは
大きめのビデオカメラを取り出して撮影。さらに館内にいた
日本人の来館者へのインタビューも始めた。

その様子を見た職員が館長に連絡。取材などの撮影には許可がいることから、
林館長が「責任者はだれですか」と確認のため聞いたところ、
一行はすぐに撮影をやめ、立ち去った
という。

林館長は「館内での撮影は原則自由だが、取材となれば
撮影趣旨の確認はしている」とし、「このときは、撮影の中止を求めたのではなく、
あくまで説明を求めたものだった」と話す。

また、女性らが訴状の写しを持って博物館を訪れた際も、
意図的な行動が見られた。一行は撮影クルー3人を伴い、
博物館の窓口で訴状を渡そうとして断られる様子などを撮影していた。
その後、女性とオバリー氏が博物館を背に主張を述べる様子も動画に撮影。
これらの動画は、翌日の日本外国特派員協会での記者会見で使うと説明していた。

■シー・シェパードが“席巻”
女性らが反対する同町のイルカの追い込み漁は、沿岸のクジラやイルカを
湾に追い込んで捕る古くからの漁法だ。漁師たちは目視で群れを確認すると、
船の側面に取り付けられた鉄管を金づちでたたき、「カン、カン、カン」という
音とともに追い込んでいく。県知事の許可のもとで行われており、
法的に問題はない。

しかし、2010年に米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した
「ザ・コーブ」では、イルカの血で湾が赤く染まる様子がショッキングに描かれ、
反捕鯨団体などを中心に海外から批判が高まった。

追い込み漁が行われている太地町の畠尻湾には「シー・シェパード」の
メンバーらが集まり、追い込み漁に携わる漁師たちを双眼鏡などで監視し、
ビデオカメラで撮影する姿がみられるようになった。

同館は、その畠尻湾から約300メートルと目と鼻の先にあり、
活動家らが追い込み漁の監視の傍ら、博物館まで歩いてくることもしばしばある。
これまで大きなトラブルはなかったというが、活動家らが小型カメラなどで
館内を撮影した動画をインターネットなどで流し、批判的に伝えたことはあったという。

イルカ漁が始まると、こうした活動家が増えるため、
同館は「捕鯨反対の方は博物館には入館できませんので、
ご注意ください」という、英語と日本語で書かれたA4判の
説明カード使って対応を始めた。カードを使うは、英語が話せる職員が少ないためだという。

林館長は「去年の秋頃から活動家らの数が増えたように感じた。
館内での混乱を避けるため、こうした対応を始めた。
決して人種差別ではない」と強調する。 カードを見せるのは、
イルカ漁で活動家が増える9月から2月ごろまで。
その他の時期は原則、入館を断るようなことはないという。

そもそも有名な活動家でなければ、見た目で「反捕鯨」を判断することは
困難で、これまで外国人というだけで入館を拒否してきたわけではない。
本人の申告で「観光目的」とするなら断ることはないという。

「本来なら博物館としてそんなことはしたくない。
しかし、太地の文化と漁業は守らなければならない」(林館長)。
同町は苦渋の対応を続けている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000515-san-soci
 
005442
別に「オーストラリア人お断り」って書いてたわけではないんだが。
この人論理展開に矛盾がありすぎます。
テロリストにありがちな頭の悪さですね。 
「観光」ではないから入館拒否されてるんです。それくらい分かれテロリスト。

入国禁止にすればいいだろう。

逆に、「白人文化を押し付けるのは人種差別」だと言って、
訴えて
やればいいんだ。

新手のタカリか。なんでこんなのばっか、日本に来るんだろ?

豪州に抗議し、撤退しないなら経済制裁しろ

こいつら自国のサメを必要以上に大量に殺しておいて人の事だけガタガタ言いやがる
もうテロリストと同じ扱いでいいんじゃない? 

職業的当たり屋。
これで食ってる人だよ。
本音はイルカなんざどうだって良いんだよ。 


そもそも入国できる日本に驚き。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 






コメント

  1. 名無し

    >職業的当たり屋。
    >これで食ってる人だよ。
    >本音はイルカなんざどうだって良いんだよ。

    まったくだな。日本メディアはもうちょっとここんとこ言ってもいいんでないか?
    実際カネせびって来てるしなこの件では。

  2. 名無し

    シー・シェパードもグリーンピースも
    ビジネス

  3. 名無し

    日本人も混じってることに非常に恥ずかしく思います。恥を知れ。ほんとに日本人か知らんが

  4. 名無し

    意味があって殺すことの何が悪いんだ?
    てめえらは何食ってんだよって話だなwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング