幼稚園・保育園の最終学年(5歳)が義務教育化! 小中一貫校の制度化など学校制度改革が判明 課題は「小1プロブレム」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

幼稚園・保育園の最終学年(5歳)が義務教育化! 小中一貫校の制度化など学校制度改革が判明 課題は「小1プロブレム」

P020242_s

新たな学校制度改革案が明らかに。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P020241_s

学制改革を検討している文部科学省は3日、幼稚園や保育所などの
最終学年を無償化し、義務教育とする
方向で最終調整に入った。
基礎学力を早期に身につけさせることなどが狙いで、幼保の枠組みを
維持したまま、小学校生活にスムーズに移行できるように改革する。
また、小中一貫校を制度化するとともに、中学校の教員が
小学校でも教えられるよう教員免許の総合化や弾力化なども検討する。

文科省関係者への取材で分かった。幼保最終学年の無償化や
教員免許の制度改革は、政府の教育再生実行会議が7月にもまとめる
学制改革の提言に盛り込まれる見通し。

関係者によると、現在6歳からの小学校入学年を5歳に引き下げる案も
一部で検討されたが、経営悪化を懸念する幼保団体などからの反発も予想され、
文科省は現行の幼稚園、保育所、こども園などの枠組みを維持したまま、
最終学年の5歳児のみを無償にすることで義務教育化する方針を固めた。

小学校では近年、新1年生が学校のやり方になじめず、教員の話を聞かないなど
「小1プロブレム」が課題になっている。こうした中、文科省は5歳児から
義務教育化することで、幼保の施設ごとにバラバラだった教育内容を一定化させ、
質を向上させたい考えだ。

また、一部の自治体が特例的に導入している小中一貫校を、
新たな学校種の「義務教育学校」(仮称)として制度化することも検討。
その上で学年の区切りを現行の「6・3」から「5・4」にするなど、柔軟な運用も可能にする。

制度改革により、小学校から教科担任制を導入して算数や英語などの
専門教育が可能となる。だが、現行の教員免許制度では、中学校の教員は
小学校の学級担任になれず、小学校の教員は中学校で授業ができないなどの
制限があるため、小中一貫の総合免許を創設したり、
教員免許を弾力化したりする方針も固めた。

学制改革を議論している教育再生実行会議が7月にもまとめる提言を受け、
文科省は学校教育法の改正案づくりなどを進める方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000087-san-pol 

005442
今度はその5歳児の段階で問題が起こるに決まってる。
単純な事だ。小1問題なんて、教育のあり方の問題で、
子供に原因があるのではない。

ゆとり教育の二の舞はゴメンだよ。
教育施策は取り返しがつかない。慎重を期して欲しい。

まず親を教育したら⁇

それよりも少年法の改正が先だと思いますけどね…

9年間も同じ人々と過ごすのは嫌だな。

5・4とかまた変な区切りを…安易な外国被れは勘弁して

日教組もちゃんとしないと

ついでにツカマロみたいな輩は義務教育でも退学処分できる制度も必要だな。 
 
たしかに親の教育が先というのは言い得て妙かもしれません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯






コメント

  1. 名無し

    「○○が先」
    こういうケチをつける人はどこにでもいるね
    何かを作り上げた経験がない人だと思う

  2. 名無し

    小1プロブレムって、ADHDとか家庭の躾の問題じゃねぇの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング