(悲報) Wikipediaの内容の9割がウソ 製薬会社が副作用項目を消すなど都合よく改ざんされているぞ! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(悲報) Wikipediaの内容の9割がウソ 製薬会社が副作用項目を消すなど都合よく改ざんされているぞ!

P020034_s

Wikipediaの実に9割がウソの内容。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P020035_s

解らないことがあればWikiで調べる事が定着しています。
知りたい項目に飛んでいき 情報を得、ああそうか。と安易に納得、
または鵜呑みにしてしまう。そんな風潮に医療従事者から待ったの声が。

―医療項目の内容が間違っている。

「腰痛」「糖尿病」はたまた「肺がん」に至るまで。気になる症状を検索し閲覧。
驚くほど多くの人がWikipediaに載っている内容をそのまま鵜呑みにし 
自己診断している場合が多い事が発覚。自分が普段少し気になる、
または発生している自覚症状に大きな不安を抱えている場合、
手軽に閲覧し自分の欲しい情報を得られる事は大きな安心感につながります。
しかしWikipediaに限っては 閲覧者が自由に作成、または修正出来るというもの。

もしかしてそのユーザーの中には医療従事者の方もいるかもしれませんが 
勿論そうでない方々も自由に書き込めたり 自由に修正できるというわけです。
今回アメリカ医師団のリサーチから なんとWikiの全体の90%に当たる
医療項目の内容が間違っている。という恐ろしい結果に。

勿論Wiki医療項目から得た情報での自己診断は全くあてにならない。という事になる。

―捕らえ方によっても違うかも

一言で「腰痛」といっても その患者のバックグラウンド
(職業、年齢、性別、または既往歴)から診ていく必要があり 
その痛みがどこから由来するものか(ファクター)も様々な所見より
検討する必要がある。そんな複雑な人間のメカニズムを無視し、
クリック一つで正しい回答を模索するのは 到底無理があるようだ。

また この「誰でも文章を修正する事ができる」という権利を悪用し 
製薬会社が副作用を丸ごと消去した事例も実際あったようだ。

ついついワンクリックでなんでも答えが手に入れられると思ってしまいがちですが 
大切な事は時間を掛けてでも専門家を訪ねるのが一番ですね
http://www.yukawanet.com/archives/4683703.html

全項目というよりは、医療やサイエンスといった、未解明な部分が多かったり
常識が後から覆るような事が多かったりする分野においては、
断定的な内容でも信じない方がいい。という感じですね。

ともあれ怪しい内容については注記があるなど、一昔前よりは整合性も
しっかりしてきた印象です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P016844_s
『コピペ論文判定ソフト』を導入する大学や研究機関が急増! アプデ利権などで一つの大きな市場に?




コメント

  1. 名無し

    タイトル詐欺。。。

  2. 名無し

    wikiは誰でも自由に書き込めるネタ帳って書いてあるんだからね!

  3. 名無し

    >なんとWikiの全体の90%に当たる医療項目の内容が間違っている。という恐ろしい結果に。
    翻訳したやつ日本語不自由過ぎだろ

  4. 名無し

    ああ、
    「Wikipediaに書き込まれた医療項目のうち90%の内容が間違っている」
    ということね

  5. 名無し

    最近、「日本語が不自由」な人をネット上でよく見かけます。

  6. 名無し

    これだとWikiの9割が医療項目になるなw

    てかよくこんなんで丸々信じるなw
    まったく調べようがないなら仕方ないが薬に関しては専門家に任せたほうがいいだろ
    医者じゃなくて薬剤師ね

  7. 名無し

    内容よりもwikipediaの使い方が間違ってるだろ…

  8. 名無し

    まあ昔から言われてたことだし嘘を嘘となんちゃらだな

  9. 名無し

    嘘なんじゃなくすべてが書かれていないって事

  10. 名無し

    >>9 嘘も多い。
    真に知りたいのであれば専門書とかCiniiとかの論文を読む方がよっぽどいい。あんな素人だろうとドヤ顔で書き込める百科なんて信用性がないわ。だから学校のレポートでもWikipediaを使ってはいかんのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング