昨年の有効求人倍率は23年ぶり高水準の1.09倍 1.0倍超えは7年ぶり | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

昨年の有効求人倍率は23年ぶり高水準の1.09倍 1.0倍超えは7年ぶり

P033003_s

有効求人倍率が高水準に。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


ダウンロード

厚生労働省が30日発表した2014年1年間平均の有効求人倍率は
前年比で0.16ポイント上昇し、1.09倍となった。大きさとしては
バブル経済末期である1991年の1.40以来、23年ぶりの高水準で、
1.0倍を上回ったのは2007年の1.04以来7年ぶり。

昨年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.03ポイント上昇の
1.15倍と大幅に改善し、3カ月連続の上昇となった。1.15倍は
1992年3月以来、22年9カ月ぶりの高水準。

昨年12月は新規求人倍率が前月より0.13ポイント上昇して
1.79倍となり、求人が増えた。一方、求職者数は前月比で2.2%減少しており、
この結果として有効求人倍率が大きく改善した。

この傾向は続いており、昨年はすべての月で有効求人倍率が1倍を超えた。

一方、総務省が30日発表した昨年12月の完全失業率(同)は、
前月比0.1ポイント低下し3.4%となり、2カ月ぶりに改善した。
2014年1年間の平均は前年比0.4ポイント低下し3.6%と改善した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000509-san-bus_all 

“求人があってもその中身は”・・・という感じでしょうね。
ともあれ心持ちは変わってきます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

1
これと失業率はどこまで実態をカバーできているのか

数字のマジック?詐欺?ペテン?細かい分析すれば、91年とはだいぶ違うだろうね。

相変わらず茶番も甚だしい記事やな。

この記事から、直ちに雇用情勢の大きな改善に結びつけるのは早計だと思います。

ところで求人倍率って、正規と非正規を別にした指標はいい加減、
発表しないんかな。求職者側の希望を分別してないからだろうか。

で、一体何%くらいがブラック企業の求人なんでしょう? 
倍率高いからと言って、そこが勤務したい会社とは限らないからな~。

求職者数が減ってるのが気になるなー。

建設職人と介護だけね、使い捨てが足りないだけ、ってこの間知り合いの人事が。







コメント

  1. 匿名

    本文コメントが悲観的すぎて萎える。
    働きたくても働く場所すら与えられなかったバブル崩壊後の時代を思えば、まだマシな状況だとおもうがなぁ。

  2. 匿名

    求人の伸びは、デイサービスが増えまくったせいなんじゃないかと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング