悪問奇問なくならぬ入試『世界史』 あまりにマニアック「作問者の良心問われる」批判も | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

悪問奇問なくならぬ入試『世界史』 あまりにマニアック「作問者の良心問われる」批判も

simg_1473899_43752858_0

悪問奇問なくならぬ入試『世界史』。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯
 

PH005314

難関大を中心に、解答困難な悪問・奇問が出題されることが
珍しくない大学入試の世界史。専門家は「あまりにもマニア
ックな出題とその対策は、世界史嫌いを増やしてしまう」と
危惧する。なぜ、こうした出題は尽きないのだろうか。

「仏教の八正道に入らないものは『正見』『正精進』『正則』
『正命』のうちどれか」(平成26年早稲田大教育学部、正解は
「正則」)、「甲骨文字は占いに用いられたことから(○)とも
呼ばれた」(26年慶応大文学部、正解は「卜辞」)、「彼ら
(中華民国期の地方軍司令官)は立法府の(○)や行政機関を
巧みに操り、軍閥と呼ばれた独裁体制を構築した」(24年
上智大、正解は「省議会」)、「エジプトの神聖文字が解読
された年は?」(23年上智大、正解は「1822年」)…。

こうした難問を大量に収録した『絶対に解けない受験世界史』
(社会評論社)を昨年刊行したのは、受験世界史研究家の稲田
義智さん(筆名)。大学受験産業に長年関わってきた立場から、
早慶や上智大、一橋大など難関大を中心に、世界史の入試問題で
悪問が頻出している現状を告発する。

「高校教科書の範囲を外れた問題がアンフェアであるのはもちろん
だが、教科書の一節を丸写ししてその一部を空欄にしただけの
『コピペ出題』や、自分で書いた学術論文のテーマを入試問題に
転用したために異常に難しい奇問が生じるなど、作問者の良心が
問われるケースも少なくない」

sc

青磁か白磁かの区別が重要な出題で問題用紙の写真がモノクロだっ
た事例(26年早大文学部)や、出題文が「南ア戦争は、イギリス
にとっては(○)戦争以来の長期戦になった」とあいまいだった
ために、4大予備校の正答予想が「ナポレオン」「クリミア」「第2次
アフガン」「アロー」とバラバラになった問題(24年慶大文学部)
など、チェックの甘さを感じさせる出題も多い。稲田さんは「最低限、
問題を作った後にクロスチェックしてほしい」と苦言を呈する。

入試問題は、原則的にその大学の教員が作成する。世界史の場合は
歴史学などの研究者が中心で、過去問題との照合作業が必要になる
など負担が大きく、あまり人気がない仕事だ。

入試に関する話は、どの大学でも機密性が高く、問題作成の詳細は
もちろん作問担当者も非公開とされるなど関係者の口は堅いが、
東大の入試問題を作成した経験のある同大教授は、匿名を条件に
作問側の事情を明かす。「単純に知識量を問う○×式ではなく、
思考力を問う論述式の問題を出すのが王道だが、そうすると大学側に
とっても採点しづらくなる」と、大量の受験生を短時間で処理する
ための制約が存在するとした上で、「作問を担当する研究者の水準が
低ければ、よい入試問題は考えつかない。あまりにも変な出題が多い
大学は、教員のレベルが疑われる」と、厳しい意見を示す。

悪問は、特に難関私大に多い。稲田さんはその理由として、大量の
受験生をふるいにかける目的でマイナーな用語や教科書範囲外の内容が
出題されていることを挙げる。難関大の受験生は基本的に教科書の重要
語句はすべて押さえているので、普通の問題では差が付かないためだ。
「ただ、そうした難問を作る過程で往々作問者の専門分野から外れた
細かい知識を問うことになりがちで、これが出題ミスや悪問を生む根本原因」

もともと私大は学部ごとに出題する上に入試日程も多く、大量の作問を
必要とするという構造的問題も大きい。加えて、受験生の側も面倒な
論述問題を出す大学を避け、対策が単純な暗記問題の方を好む傾向が
あると指摘する。「受験料収入に依存する私大にとって受験者数の
確保は重要。難関私大の世界史が“クイズ大会”になるのは、双方の
利害の一致による」として、現状は容易に変えがたいとみる。

ただ、その中でもせめて悪問と出題ミスは根絶する必要がある。
「作問する先生が自分の専門分野から出題することを守るだけでも、
効果はある」(稲田さん)。歴史嫌いを増やさないためにも、
学者の良心が問われそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000578-san-cul

コメント
入学するのは難しく、出るのは楽な状況より、入りやすいけど、
卒業しにくいの状態にしないと、4年間遊び呆ける輩が増えるだけ。

マニアックな問題ができるよりも、きちんと学校に通って学校で学んだ
問題が解ける方が大事だと思うんだけど。専門分野って言うのは
大学に入ってから学ぶんじゃないのかな?と思いますけどね。
ま、難関大・・・っていう「ブランド」ならでは問題作ったつもりなんですかね??

世界史は古今東西を広く浅く学ぶので、どこまでベーシックな内容で
どこまで細かい知識になるのかの線引きがまず難しいんですよね。
広く浅いぶんある程度の暗記要素も強くなる中で、ひたむきに頑張って
いる受験生が解けない問題が存在するのはおかしい。

大学に入って専門書を読まないと知りえないような単語を扱うのは
完全に作問に答え者の自己満足だと思う。高校時代にはあの時代にしか
できないことが山ほどあるのだから、大学に入ってからやれば済むことを
前倒しでやらせなくても。まあ、こんな問題は合否判定には役に立たない
雲上問題だとは思うけれど。

こういう問題の増加が「知識の詰め込み」って言われる
背景にあるんだよね。
理系とかであれば高校の知識が大学教育の基礎にあたるので、
有用性があるが、文系の歴史を難しくしても将来につながらない。

出す側はいいかもしれませんが、答える側は相当な負担ですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



コメント

  1. 匿名

    八正道くらいしっとけ
    倫理でもやるぞ

  2. 匿名

    歴史を歴史として見れない無知な日本の歴史家が作った問題なんだろ
    やるだけ意味ないよ
    そもそも世界史の前に日本史をしっかり嘘を交えずに教えるべきだし
    世界に目を向けるんだったらキリスト教のものの考え方を教えるべきだし
    そもそも落とすための試験だし

  3. 名無し

    早稲田社学の日本史も鬼畜だわ
    日本史の偏差値が72でも5割しか取れなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング