斎藤佑樹投手がついに覚醒!? 栗山監督がストレートに「衝撃」 開幕投手候補に浮上! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

斎藤佑樹投手がついに覚醒!? 栗山監督がストレートに「衝撃」 開幕投手候補に浮上!

P033119_s

斎藤佑樹投手、ついに覚醒?( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 

P033120_s

スピンの利いた直球で、捕手のミットを心地よく鳴らした。
勝負の5年目を迎えた日本ハム・斎藤のこだわりを感じるブルペン投球だった。

「力が抜けている感じ。それができるようになった。右肩を壊し、
思うような投球ができなかったが、少しずつ頭と体の感覚が合ってきた」

捕手を座らせて66球。変化球はスライダー9球だけ。
全てノーワインドアップから投げ込んだ。求めるのは150キロの剛速球ではなく、
「空振りやファウルを取れれば有利なカウントになる」という打者が速く感じる
140キロの直球だ。

栗山監督は「初めて見た時以来の衝撃。クーパーズタウンだよ」
興奮を隠せなかった。06年の記憶がよみがえったのだ。夏の甲子園を
制した早実のエースと駒大苫小牧・田中(現ヤンキース)がいた
日本高校選抜の米国遠征をスポーツキャスターとして追いかけた。
野球殿堂博物館がある聖地クーパーズタウンで行われた米国東部選抜戦に
先発した斎藤は4回無失点。浮き上がるような直球で8三振を奪った。
この残像があるから、監督就任1年目の12年には開幕投手を任せた。

12年夏に右肩を痛め、昨季は復活の白星を挙げたものの、
シーズンを通しては2勝に終わった。今季は何が変わったのか。
厚沢投手コーチは「リリースポイントが低くなった」と指摘する。
「あいつは力むと遠心力で右腕が遠回りして高い位置で球を離す。
角度はつくが、打者が見やすい」とも説明した。マウンドでバランスよく立ち、
腕を振って、短い距離を投げる。昨年から反復してきた練習が復帰2年目で
ようやく実を結んできた。


開幕投手のダークホースにも浮上した。大谷の大本命は揺るがないが、
指揮官は「(ライバルは)まず吉川、そして斎藤」と開幕候補に3人を挙げた。
それでも斎藤は目の前だけを見つめた。「周りを見るとぶれる。
自分がしっかりとした投球を見せるだけ」。まずは開幕1軍、
そしてローテーションの柱へ――。苦難の道を歩んで、右腕はたくましくなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00000004-spnannex-base

斎藤佑樹投手が覚醒した、というのはスポーツ新聞の
定番の文言ですが、今度こそ期待ですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

コメント
まだいたんですね。プロの世界はもっと厳しいと思ってたから意外です。
他の二軍で彼より結果だしてる選手からしたら、
ひいきしてると思われても仕方ないですよね?あの成績だと

キャンプ初日だからね
初日だとたくさんいい話題が出るけど開幕後はダメなのも多い
そっと見守りましょう

「タッチ」の続きがあったなら、達也ってこういう感じだったんだろうな…
で、海外行って再起してあの番外編、みたいな。

キャンプ序盤でとばしているから開幕までもたないだろう。
ブルペンと実戦マウンドはちがう。ましてや斎藤は特にその差が顕著だ。

斎藤ちょっと良くなったみたいやな。良かった。



コメント

  1. 匿名

    毎年言ってんな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング