佐世保女子高生殺害事件 被害者父親「公開の裁判を」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

佐世保女子高生殺害事件 被害者父親「公開の裁判を」

sPH005095

被害者の父親が公開の裁判を望む手記を公表。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 
PH005094

長崎県佐世保市で昨年7月、同級生だった無職少女(16)に殺害された高校1年の
女子生徒=当時(15)=の父親が20日、代理人弁護士を通じて、「公開の裁判を
開いてもらいたい」とつづった手記を公表した。
父親は「悲しみも寂しさも変わらない」と現在の心境を述べ、今後の司法手続きに
ついて「厳罰を望んでいる。理不尽に娘の命、将来を奪った罪は重大だ」と刑事
裁判を求めた。
 
父親の代理人弁護士は、少女の精神鑑定の結果を含む捜査記録について、検察が
家裁に送致した段階で、閲覧謄写の申請を行う方針を明らかにした。少女は昨年8月
から今月16日まで県外の医療施設で鑑定留置されていた。
少女は、女子生徒への殺人などの容疑を処分保留とされ、実父に対する殺人未遂容疑
で20日に再逮捕された。
検察が家裁送致し、家裁が刑事処分相当と判断すれば検察
官送致(逆送)され、起訴されれば公開の刑事裁判で審理されることになる。  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00000134-jij-soci


005442
少年法なんて10歳までで良いだろ。
少年法がいつの時代に決まったのか知らないけど、現代社会には適さない。

殺害された高一の女子生徒の父親が、
刑事裁判で裁いて欲しいと思うのは当然だと思います
自分の娘が殺されたのに、殺人容疑を処分保留されてるなんて、納得いかないだろうと思う。
実父の殺人未遂容疑だけで再逮捕されてるから、刑罰が軽くなる可能性も出てきた感じ。
家裁が刑事処分にあたると判断して欲しいですけどね 

父親の責任ですね、適切な医療看護をするべきであったのに、してこなかった。

悪いけど、この子に真の更生はないと思う

少年法すべてを否定するわけではないがあまりにも未成年を守りすぎてる


016170
(佐世保女子高生殺害事件) 加害者少女 「中途半端に終わった。全部解剖してみたかった」 精神鑑定結果は“責任能力あり”の判断




コメント

  1. 名無し

    娘も親父も完全にサイコパスの血筋な 道徳や社会性が欠如している
    制御不能の獣は折の中に入れておくのが当然

  2. 名無し

    この子の場合、少年法を作った政治家の想像を超えたものなんじゃなかろうか
    超法規的措置という概念が今の法律には足りないような気がする

  3. 名無し

    韓国人と同じサイコパス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング