危険ドラッグ 見た目は同じでも毒性が極端に異なる製品が出回っている実態 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

危険ドラッグ 見た目は同じでも毒性が極端に異なる製品が出回っている実態

sPH005083

見た目は同じでも毒性が極端に異なる製品が出回っている。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯ 


PH005083

危険ドラッグの吸引による交通事故が繰り返される背景の一つに、見た目が同じ
でも毒性の強弱が極端に異なる製品が出回っている実態があることが、専門家や
捜査関係者への取材で分かった。吸引しても事故を起こさなかった体験から運転
を続けるうちに、たまたま強いドラッグを吸って意識を失い、重大事故を起こして
いる疑いがあるという。検察幹部は「いつ悲惨な事故を起こすかはロシアンルー
レットのようなものだ」と指摘している。

「同じ店で同じパッケージの製品を買っても、日によって薬物の強さはまるで別物」。
国立精神・神経医療研究センター依存性薬物研究室の舩田正彦室長は、ずさんな
製造法を、そう解説する。

製造手順は単純だ。海外から持ち込んだとみられる薬物の溶液に市販のハーブの
葉を浸して混ぜ込み、乾かして袋に詰める。販売まで3~4日。
「精密なマニュアル
もなく、葉に染み込む薬物の量にムラができる。同じ袋に詰めれば見た目は同じ
だが、強い毒性の製品に当たれば数分で意識を失う」という。

危険ドラッグは依存性が高く、購入直後に帰りの車の中で吸引する例が多い。
吸ったドラッグの毒性が強ければ重大事故に至る可能性がより高まる。東京・池袋
で昨年6月に7人死傷事故を起こし、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)
罪で起訴された名倉佳司被告(37)も、購入店の前で吸引して車を運転したとされる。
約4年前から吸引を始め「車の中で使ったこともあった」と供述しているが、これまで
は事故にはつながっていなかった。事故後、車内にあったドラッグからは依存性が
大麻の20倍ほどという強い毒性成分が検出された。


検察は昨年8月以降、危険ドラッグ吸引者に対し、積極的に道路交通法違反
(過労運転などの禁止)を適用してきたが、立証のハードルは低くはない。

重大事故を起こさなかったものの、勤務中に吸引を繰り返した末、昨年10月に
起訴されたタクシー運転手のケースでは、車内から危険ドラッグの吸い殻などが
見つかった▽交差点内で理由なく停止するなどして職務質問を3度受けた
▽自分が止めたタクシーが見つからず捜し回った▽乗客の行き先を何度も忘れた
--などの事実を総合的に判断し立証可能と判断した。

一方、縦列駐車の前の車にゆっくり追突した物損事故のケースは、アクセルを
踏まなくても車が低速で動く「クリープ現象」の可能性を排除できず「運転操作
したと言えるか立証できない」と不起訴にした。

取材に対し「同じ銘柄でも、いつもより薄いと感じたり、強すぎて幻覚を見ながら
眠ってしまったりすることがある」と証言した常習者もいる。
舩田室長は「業者は、
安全性も均一性も無視したずさんな商品を作り続けている。常習者の欲求を満
たすためか、強力な薬物が増えつつあるようだ」と警鐘を鳴らす。検察幹部は
「証拠を冷静に判断しつつ、積極的に処分すべく丹念に捜査を続ける」と強調している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00000003-mai-soci



1
サイド降りてる時点でNGちゃうんかい

パッケージにJamaicanとか書いてあるけどやめれ。
Jamaicaはこんなふざけたもの使わないって笑

混ぜ物が違うからね。

『ずさんな製造法』のせいで『ロシアンルーレット』状態か…

危険ドラッグ、使ってる当人たちには、大丈夫だと思っているからこそ
今も使い続けているんでしょうね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

sPH004760
危険ドラッグ25物品を告示 法改正後初、全国で禁止に




コメント

  1. 名無し

    なんか洋ゲーのパッケージに似てるな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング