無職男性(48)から暴行受け包丁で刺し返した内縁の妻、正当防衛で無罪判決 「他の手段で夫の暴力を止められたとは言えず」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

無職男性(48)から暴行受け包丁で刺し返した内縁の妻、正当防衛で無罪判決 「他の手段で夫の暴力を止められたとは言えず」

s000042

男性刺した内縁の妻、正当防衛で無罪判決。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


dv

札幌市西区のアパートで昨年8月、住人の無職男性(当時48歳)から暴力を受けた
後に包丁で刺し、死亡させたとして傷害致死罪に問われた内縁の妻で住所不定、
無職真銅(しんどう)薫被告(48)の裁判員裁判で、札幌地裁は16日、無罪(求刑・
懲役5年)の判決を言い渡した。

佐伯恒治裁判長は「他の手段で夫の暴力を止められたとは言えず、正当防衛に
当たる」と述べた。

札幌地検の片岡敏晃次席検事は「上級庁と協議の上、適切に対応したい」との
コメントを出した。

起訴状などによると、真銅被告は昨年8月1日、アパート室内で男性の左肩を柳刃
包丁(刃渡り約25センチ)で突き刺して失血死させた、とされた。弁護側は公判で
「暴行され、偶然手にした包丁で1度だけ反撃した結果で、正当防衛が成立する」
と無罪を主張していた。


佐伯裁判長は判決で、〈1〉被告は暴力を受け続ける中、部屋から2回逃げようとし
て失敗した〈2〉体格差がある男性から約15分間、顔などを殴られ続けた〈3〉より
危険の少ない道具を選ぶ余裕がなかった――ことなどを挙げ、「反撃の結果、
不幸にも包丁が深く突き刺さったのが事件の実態」と指摘した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00050162-yom-soci

1
そうか、じゃあ世の中のDVで傷付いてる人は刺す勢いで対抗出来るんか。

加害者側の方が刑罰が軽くなりがち(妻が死んでも、常に暴力をふるっていたら
傷害致死どまりだったりする)なことから考えたら、これでいいくらいじゃないかな。

お!司法により正義が行われることもあるのだな。検察は控訴するな。

この方には早期の社会復帰を願うとともに、無罪で名前を出す読売氏ねって
気持ちしかありませんわ

日本もだんだん正当防衛がみとめられるようになって、良い傾向だ。
愚かな男が一匹この世から消えた。

彼女の行為が「正しかった」とは言わない。だがこれが正当防衛と認められなか
ったら、DVに怯え続け、或いはそこから命からがら逃げ出した女性たちは救われない。

正当防衛ってどのくらい成立するんだろう


男性が女性からDVを受けることも結構あるそうですが、
その場合はどうなるんでしょうか。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



 


コメント

  1. 名無し

    一回しか刺してないし、自分で通報した事から、殺意はなかったととれる。
    無罪に決まってるよなーこれは。

  2. 名無し

    この場合は逃げずに自分で通報したのも大きいな

  3. 名無し

    傷害致死だから殺意は関係ないぜ
    高裁では執行猶予付きの有罪が妥当ではないか

  4. 名無し

    有罪にする必要はないと思うけど、『暴力を受けた後に』刺すって正当防衛じゃなくていい加減DVに限界がきて怒りに任せて刺しただけな気がする
    偶然手にできる所に包丁があるのもおかしいし
    あとこれが男女逆だと正当防衛にならないだろうなとも思うから複雑

  5. 名無し

    >>4
    そうなんだよね。。。同じ被害に遭っていても男女逆じゃまったく違う判決なんだよね。。。

  6. 名無し

    普段から殺意が有ったとしてもこの判決は妥当だな
    まぁ原告(と言う言葉は適正ではないけど)が居るわけじゃないし、このまま結審だね

  7. 名無し

    >>4、5
    お前らもやし男かなにか?それともバカ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング