東大、軍事研究を解禁! 公開前提に一定の歯止め | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

東大、軍事研究を解禁! 公開前提に一定の歯止め

sYasudaAuditorium

東大、軍事研究を解禁。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

 
sPH005037

東京大学(浜田純一総長)が禁じてきた軍事研究を解禁したことが15日、分かった。
東大関係者が明らかにした。安倍晋三政権が大学の軍事研究の有効活用を目指す
国家安全保障戦略を閣議決定していることを踏まえ、政府から毎年800億円規模
の交付金を得ている東大が方針転換した。軍事研究を禁じている他大学への運営
方針にも影響を与えそうだ。

東大は昭和34年、42年の評議会で「軍事研究はもちろん、軍事研究として疑われ
るものも行わない」方針を確認し、全学部で軍事研究を禁じた。さらに東大と東大
職員組合が44年、軍事研究と軍からの援助禁止で合意するなど軍事忌避の
体質が続いてきた。

ところが、昨年12月に大学院の情報理工学系研究科のガイドラインを改訂し、
「軍事・平和利用の両義性を深く意識し、研究を進める」と明記。軍民両用(デュア
ルユース)技術研究を容認した。ただ、「成果が非公開となる機密性の高い軍事
研究は行わない」と歯止めもかけた。以前は「一切の例外なく、軍事研究を禁止
する」としていた。


東大などによると、評議会は審議機関で、軍事研究の是非など運営方針の決定権
は総長にある。総長には審議結果に従う法的な義務はない。それにもかかわらず、
東大は評議会での一部の総長らの軍事忌避に関する発言をよりどころに禁止方針
を継承してきた。

東大は解禁理由について「デュアルユース研究は各国の大学で行われている。
研究成果の公開性を担保する国際的な動向に沿った形で、ガイドライン改訂を
行った」と強調している。

東大の軍事研究をめぐっては、昨年4月、複数の教授らが平成17年以降、米空
軍傘下の団体から研究費名目などで現金を受け取っていたことが判明し、学内の
独自ルールに手足を縛られてきた研究者が反旗を翻した。5月には防衛省が、
不具合が起きた航空自衛隊輸送機の原因究明のため、大学院教授に調査協力を
要請したが、拒否された。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000069-san-pol

005442
最近海外のロボットコンテストで優勝した日本のベンチャーも確か東大生だったけど、
大学側が軍事利用うんたらで参加を認めないと言った為に、退学してベンチャー
企業設立してまで出場しましたよね。結果は断トツで優勝してグーグル傘下に
入りましたよね。
本当に東大の教授さんは頭ガチガチなんですね・・・

サランラップも軍事目的開発されたて聞いたけどそんな物もあるから
どうなんだろうね? 

日本のためにはいいことではないか???
軍事目的だったのものが転用できるものもあるだろうし。

何でも軍事的に活用しよとすれば出来る物が多いからね。
基準がよう分からん。。。。 

インターネットも元は軍事用に使われてたような。特に問題ないのでは。

戦後レジームからの脱却を象徴する一つの出来事かもしれませんね。
どうにも戦争アレルギーで瞬間湯沸器のようになってしまう人が多いですが、
あくまで平和利用、敵のためには敵を知らなければいけませんからね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

軍事研究 2015年 02月号 [雑誌]
ジャパンミリタリーレビュー
2015-01-10

 
 


コメント

  1. 名無し

    軍事研究をしないということは敵となりうる相手の武装も理解できないということ
    脊髄反射的に戦争ガーって騒ぐ奴らには決して理解できない話
    防御するには相手の武器を理解する必要があるのが分からんのだろう

  2. 名無し

    さあ核武装の準備だ。
    しっかりやれば東大生が兵隊に取られることはないだろうよ。

  3. 匿名

    専守防衛さえ守り続ければ、軍事は国民の命を守るものでしかないんだけどね。

  4. 名無し

    それも良いがサイバー戦争の準備もしっかりな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング