2012年第4四半期のスマホシェア:1位サムスン、2位アップル、3位ファーウェイ、4位ソニー | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

2012年第4四半期のスマホシェア:1位サムスン、2位アップル、3位ファーウェイ、4位ソニー

Ph000764_s

2012年第4四半期のスマートフォンシェアが明らかに。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


こちらが2012年10月~12月(以下2012Q4)における
スマートフォン出荷台数トップ5の調査結果です

q412

まず1位のサムスンを見ると、
2012Q4には前年比76%増の約6370万台のスマートフォンを出荷し、
市場シェアでは前年比6.5%増の29%を獲得しています。
 
つぎに2位のアップルを見ると、2012Q4には
前年比29.2%増の約4780万台のiPhoneを販売し、
市場シェアでは1.2%減の21.8%を取得してます。
 
そして注目するべきは3位の中国ファーウェイで、
出荷台数を前年比で89.5%増加させ
市場シェアの10.8%を取得
しています。

また4位のソニーも
出荷台数を前年比で55.6%増加させ
市場シェアの9.8%を取得しています。
 
次の画像が2012年通年のスマートフォン出荷台数トップ5の調査結果です。 

y2012

2012年通年のスマートフォン出荷台数では
1位のサムスンが前年比19%増の
約2億1580万台を出荷しシェア39.6%を獲得、
2位のアップルが前年比18.8%増の
1億3680万台を出荷しシェア25.1%を獲得しています。
 
この表で注目すべき点は、出荷台数ベースで
ノキアが前年比54.6%減少、HTCは
前年比25.2%の減少、RIMは前年比36.4%の減少を
記録していることです。
全体で10.1%成長しているスマートフォン市場において
この減少は非常に顕著です。
 
以前より指摘されてましたが、
スマートフォン市場ではサムスンと
アップルがシェアと成長をほとんど独占し、
過去の携帯電話の覇者ノキアやスマートフォンの
王者RIMは市場への影響力をほとんど失っているということです。
そしてサムスンとアップルに
ファーウェイとソニーという新たな挑戦者が
生まれた事も記憶しておくとよいかもしれません。
http://ggsoku.com/2013/01/2012q4-smartphone-share/ 
 
HTCもノキアもいいもの作るんだけどなぁ。
消費者が買う買わないというのはものの良し悪しではないですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph000343_sPh000344_s
PlayStation3 250GB アズライト・ブルー
PlayStation3 250GB ガーネット・レッド


コメント

  1. 名無し

    中国ファーウェイすごくね・・・
    買わないけどww
    中国人口凄いからじゃねーの?

  2. 名無し

    それでもボクはHTCを追いかけます。

  3. 名無し

    ※1
    アフリカじゃないか?

  4. 名無し

    HTCヌルヌルでいいけどなー
    日本だとブランドイメージはっきりしないし苦戦してるけど頑張って欲しい

  5. 名無し

    それでもボクはSHARPを追いかけます

  6. 名無し

    僕はソニーを追いかけます

  7. 名無し

    中国とかチョンとかマジでいらんわ
    まぁ日本のスマフォもいらないけども

  8. 名無し

    いいものはいいと認めることの出来ない洗脳された日本人

  9. 名無し

    ネトウヨはサムスン完全終了って騒ぎ立ててたのにねw

  10. 名無し

    いいとこどりで、ぱくりまくればいいものはできる
    それがいつまで続けられるかはしらんけど

    まぁ去年ぐらいから独自性みたいなのもだそうとしてるみたいだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング