子どもへの向精神薬の処方が増加 注意欠如などで2・5倍 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

子どもへの向精神薬の処方が増加 注意欠如などで2・5倍

s82ced1becbbe2d48dbe588f94a1098b2

子どもへの向精神薬の処方が増加。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


f5679887

子どもへの向精神薬の処方件数が増加し、13歳~18歳では、2002年~04年と
08年~10年との比較で、注意欠如・多動症に使うADHD治療薬が2・49倍、
統合失調症などに使う抗精神病薬が1・43倍に
なったことが、医療経済研究機構
(東京)と国立精神・神経医療研究センター(同)などによる初の全国調査で分かった。

調査は、02年から10年の間に、外来診療を受けた18歳以下の患者の診療報酬と
調剤報酬の明細書約23万件を分析した。1000人あたりの向精神薬の処方件数
などを算出し、統計解析で年齢層ごとの処方件数の年次推移などを比較した。

02年~04年と08年~10年の処方件数を比べると、13歳~18歳ではADHD治
療薬と抗精神病薬の増加に加え、抗うつ薬の処方も1・31倍となっていた。6歳~
12歳でも、ADHD治療薬が1・84倍、抗精神病薬が1・58倍と増えていた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00050099-yom-soci
http://www.ihep.jp/news/popup.php?seq_no=531
1
問題なのは薬の処方が増えたことでなく、これだけ世間が無理解なのが
現状ってことだと思う


まあ、今まで、放置されてたADHDの子がけっこういたんだって考え方もできるよね。
ADHDの多動は、「落ち着きないね」じゃ済まないレベルの子もいるからなぁ。

子供の病気が増えたんじゃなくて,子供に服薬させる機会が増えたのと両方だと思う.

背景要因についての考察も分析も、研究所のコメントも何もなし。
読み手をどこに誘導したいんだろうね

認知が増えて、処方もしっかりと行われるようになってきたのだねー。

薬はマズイと印象付けるのはやめていただきたい!!!必要な人間だっているんですよ!!!!

腹立たしい程のミスリード。2009年に小児用ADHD薬の2例目であるストラテラが
承認されたからだよ。依存性なく待望されていた薬。増えるのは当たり前。


背景に何があるのか、気になるところですね。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

図解 よくわかる大人のADHD
榊原 洋一
ナツメ社
2013-01-18

 
 


コメント

  1. 名無し

    子供用の薬もあるんだねえ

  2. 名無し

    毎日新聞がリタリンをオーバードーズする似非鬱患者を前面に押し立てて害悪論を展開し、事実上使用禁止に追い込んだように、読売新聞も小児用向精神薬を槍玉に挙げたいんだろ。

    精神疾患の患者の将来なんぞ、自社の歴史的スクープに比べたらゴミ以下なんだろうよ。

  3. 名無し

    最近の未就学児検診は「お子さん病気ですよ」とかはっきり言っちゃうようになったしね。

  4. 名無し

    この頃から薬がいるのか…
    子供が産まれること自体、地球から拒否られてる感

  5. 名無し

    人類は地球の癌だからね、しょうがないね

  6. 名無し

    親は薬のお陰で怪我せずに済んでると思う
    暴力酷い子は子供の頃から酷いから生傷耐えない人もいるんやで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング