「Google Chrome 26」ベータ版公開!Chromeアプリのランチャーを試験的に搭載 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「Google Chrome 26」ベータ版公開!Chromeアプリのランチャーを試験的に搭載

001440

「Google Chrome 26」ベータ版公開!Chromeアプリのランチャーを
試験的に搭載。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



images

米Google Inc.は26日(現地時間)、Webブラウザー「Google Chrome」の
最新ベータ版v26.0.1410.12を公開した。
「Google Chrome 26」の目玉機能は、“Packaged Apps(パッケージ化されたアプリ)”
を起動するランチャー“Chrome app launcher”が搭載されたこと。
Webアプリとネイティブアプリの融合を試みる興味深い機能と言えそうだ。

“Packaged Apps”は、OSのネイティブ機能へアクセスできるようにWebアプリ
(Chrome アプリ)を拡張したもの。HTML/CSS/JavaScriptで開発されている点は
同じだが、一般のWebアプリではアクセスが許されない「Google Chrome」の
APIが利用可能で、アドレスバーやタブといったブラウザー部品をもたない。
タスクバーによるアプリ切り替えも可能で、あたかもローカルアプリのように振る舞う。

この機能は、現時点では開発者向けのプレビュー機能として公開されており、
Windows版でのみ利用可能。「CIRC」や「Text Drive」といった“パッケージ化”に
対応したアプリをインストールすると、タスクバーに“Chrome app launcher”が
ピン留めされる。なお、この機能を利用するには“Google アカウント”へのログインが必要。

image1
image2

さらに、メニューのスタイルが変更され、白を基調としたデザインになったほか、
マルチユーザー機能が強化された。「Google Chrome 26」では、ユーザー別に
ショートカットを作成し、デスクトップへ配置することができるようになる。
そのほかにも、ウィジェットの記述を容易にする“template”要素や、ボックスの
高さや幅を動的に計算してCSSのレイアウトをより簡潔に記述できるようにする
“calc()”など、開発者向けの新機能も多数盛り込まれている。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130227_589606.html?ref=rss

新機能をいち早く試してみたい方は、下記よりダウンロードしてみましょう。
ただしBETA版なので予期せぬ不具合などは承知の導入になります。

Google Chrome v26.0.1410.12

安定版は下記記事を参考にしてみてください。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

image5
「Google Chrome 25」安定版が公開!音声認識を実現する“Web Speech API”に対応

レイトン教授VS逆転裁判 (9)
レイトン教授VS逆転裁判


コメント

  1. 名無し

    usen スピードテスト
    オペラ 70 
    クローム69
    狐 67 
    IE10 66
    スレイプニル 65

    クローム ユーザーですが オペラさん 早かったです

  2. 名無し

    オペラ教乙

  3. 名無し

    ※1
    画像もなしに何を言うでおじゃるか

  4. 名無し

    ※3
    え?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング