(悪用厳禁) スマホのロック画面は冷凍庫でハック可能 「Cold Boot」 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(悪用厳禁) スマホのロック画面は冷凍庫でハック可能 「Cold Boot」

003081

 スマホのロック画面は冷凍庫でハック可能。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




130221android-hack

個人情報の塊とも言えるスマホ。画面をロックしておけば、普通は中身を
見られることはない…と思いますよね。

でも、それは性善説に基づく考え方にすぎません。
泥棒たちはロックを解除する様々な方法を見つけ出しているんです。
たとえば、「スマホを冷凍庫に入れる」という野性的な方法もあるそうですよ。

最近、研究者によって公開されたデモは、Galaxy Nexusを冷凍庫に放り込んで
セキュリティを破る
というもの。このテクニックはCold Bootと呼ばれ、コンピュータの
ハッキングプロセスとして何年も前から出回っている方法です。

RAMには「コンピュータの電源を切ってもほんのわずかな時間なら
格納データが消滅しない」という特性
があり、電源を素早く電源を切って
再び入れれば、デバイスをほかのOSの上で起動できてしまうことを利用します。

標的となるスマホ(今回はGalaxy Nexus)を冷蔵庫に入れるとRAMの格納データは
5、6秒保持されます。デバイスをシャットダウンしてFastbootモードですぐに
起動すれば、FROSTと呼ばれる特別なツールキットを使ってRAMに残った
データを盗み出すには十分な時間
です。
RAMに残っているデータがあればスクリーンのロックは簡単に解除できるので、
あとはスマホの全データに好きなだけアクセスできるというわけなんですね。

幸いにも、このハッキング方法を実践するには、いくつか条件をクリアしなければ
なりません。まず、早くシャットダウンするために、バッテリーが取り外し可能な
端末であること。次にブートローダ・アンロック。そして、言わずもがなですが
物理的に電話をゲットしなければなりません。
http://www.gizmodo.jp/2013/02/android_48.html

いくつか手順やツールが必要になってくるので、決して敷居の低い方法とは
言えませんが、逆に言えば条件を揃えられる相手だと、簡単に個人情報を
盗まれてしまう可能性があるわけですね。

ここでは紹介しませんが、実はこれ以外にも画面ロック解除方法はいくつかあるので、
「画面ロックはセキュリティとして万全ではない」、スマホユーザーは、この事実を
常に常識として頭の片隅に入れておいた方が良いでしょう。
少なくとも銀行口座の番号やパスワードなどを、ロック解除ですぐ見れる
メモ帳などには書いておかない方が賢明です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

AIC (3)
PlayStation Vita Wi-Fiモデル アイス・シルバー

jojo - コピー

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(数量限定生産 黄金体験 BOX)
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (◆初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)




コメント

  1. 名無し

    1げと
    これすげぇなww

  2. 名無し

    そもそも特殊なツール云々言い始めたら
    画面ロックを解除する必要すらないような

  3. 名無し

    こんなに苦労してまでやロックを破るべきスマホなんてあるの?

  4. 名無し

    >>3 もっと全然簡単な方法もあるよ。有名。だから簡単なやつは知ってて紹介しないんだろ

  5. 名無し

    電源を素早く電源を切って
    再び入れれば

  6. 名無し

    だから最近取り外し不可能なバッテリーが出てきてんの?

  7. 名無し

    あのソフト使えば良いだけの話し

  8. 匿名

    iPhoneには、PCのとあるソフト使うとワンクリックでロック解除できるソフトあるよ

  9. 名無し

    >>6
    関係ねーよ

  10. 名無し

    iOSの最新バージョンのバグでロック画面を破れるらしい
    もう改善されたのかな?

  11. 名無し

    こんな事出来ちゃう人は何だって出来ちゃう気がするから盗まれた時点で終わりじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング