(新聞社襲撃事件) 行方くらました26歳の“女テロリスト”はどこに? 世界の関心集める | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(新聞社襲撃事件) 行方くらました26歳の“女テロリスト”はどこに? 世界の関心集める

P031332_s

逃亡の女容疑者はどこへ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


P031331_s

逃走した“女テロリスト”はどこにいるのか-。9日、フランスの風刺週刊紙
シャルリー・エブド本社の襲撃事件にからみ、仏特殊部隊によりテロ犯ら
3人が射殺された後、姿を消したアヤト・ブメディアン容疑者(26)の
行方に世界の関心が集まっている。

ブメディアン容疑者は内縁関係にあったアメディ・クリバリ容疑者(32)とともに、
8日、パリ南効で女性警官を殺害した容疑がもたれている。
クリバリ容疑者は9日、パリ東部のユダヤ系食料品店に人質20人を
とって立てこもり、数時間後に特殊部隊に殺害された。食料品店内に
ブメディアン容疑者がいたかどうかは不明だ。

報道によると、ブメディアン容疑者に過激な言動が目立ってきたのは
2005年ごろで、週刊紙本社を襲撃したアルジェリア系フランス人の兄弟、
サイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者に出合ってからだという。
いずれかの妻と頻繁に電話連絡を取っていたとされ、昨年の通話回数は
500回にもなると、報じられている。

10年に、南仏で自宅軟禁にあった国際テロ組織アルカーイダの関係者を、
クリバリ容疑者と尋ねた際には、「クロスボウ(弓の一種)の練習」のためだと、
警察に説明していたという。

その後、終身刑の仲間の解放を企てて収監されたクリバリ容疑者が
14年に釈放されると、2人は宗教的に結ばれた。

ブメディアン容疑者はパレスチナやイラクで起きている“殺戮”は誰が
行っているのか、誰がテロリストなのか、と警察に話していたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000548-san-eurp

005442
もう終わったみたいな話になってるけどまだ一人逃げ続けてるのか

今頃どこかで他の犠牲者が出てるのでは、と思うとぞっとする。一日も早く逮捕してほしい。

自暴自棄になってるだろうから危険だと思う。
何が彼女をそこまで追い込んだのか・・・。

イスラム教徒を受け入れるのは良いけど、こういう事が起きるから怖いと思う。
安部さんの発言次第では、今すぐ日本でも何かしら起きかねない状況なのは確かだし

男と違って、女はちょっとしたことでガラッと印象が変わってしまうので身柄確保が困難だ。

こうした輩がどこからともなく小型船舶で日本に入ってくることも、
十分に想定と対策をしておかなければ駄目です。
他人事じゃない話だと思います。

手助けしてる組織、人がいるんじゃないですか?

ムスリマで内縁関係というのは
よくわかりませんね。
イスラムの教義上あり得ないのでは?

ここはCTUの出番だろ

後に映画になりそうだな

一人まだ捕まってないと考えると怖いですね・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

P031301_s 
フランス新聞社襲撃事件 2箇所立てこもりに同時突入 容疑者ら3人死亡 人質4人が犠牲に
 


コメント

  1. 名無し

    もっとも抑圧が厳しいとされるイスラム女性が
    継戦意欲を持って逃亡し続けているというのがすごい。
    当局に逮捕された方が楽になれるはずだけど、
    もしかしたら子供を人質にされているのかもな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング