見えてきた“廉価版iPhone”--外装は安価なポリカーボネートで全く新しいデザイン、部品は前モデルのものを改良 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

見えてきた“廉価版iPhone”--外装は安価なポリカーボネートで全く新しいデザイン、部品は前モデルのものを改良

Ph012823_s

たびたび噂になる廉価版iPhone。いままでは
一個前のモデルが実質廉価版のような扱いでしたが、
今回こそは出るのでしょうか。具体的なビジョンが噂レベルで判明。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




eng-2-kirf-iphone-4-nano-china

初代 iPhone 当時から続く「廉価版 iPhone」のうわさが
またまた出てきました。

単一機種から幅を持たせることで
ハイエンドだけでなく下も取りに行くため、
という説明は昔から変わりませんが、
ライバルのAndroidが上から下までの多品種で
競争を激化させていること、サムスンGalaxy などの存在で
ハイエンドでも iPhone 5の立場が脅かされていること、
中国や新興市場でのシェアが低いまま、
あるいは低下していることなどが、
アップル社内で改めて廉価版 iPhone 5 の検討が進む
理由とされています。

具体的にどう違う製品になるのかといえば、
WSJの「詳しい筋」いわく、iPhone 5 の高コストの原因である
アルミ外装をポリカーボネートに置き換えたものを検討しているらしい、
とされています。そのほかの部品は共通または、
前世代モデルの部品を最良したものになる (可能性がある) とのこと。

単一機種戦略の見本のようにいわれる iPhone も
実際は旧モデルを廉価版として併売
してきましたが、
例年どおり今年の秋に iPhone 6 (仮) または5S (仮) が出れば
現在の iPhone 5 が旧機種になり、
アップルみずから量産の難しさをアピールする
アルミ / ガラス筐体を作り続けることになります。

なお WSJ のソースと同じか別かは分かりませんが、
台湾の製造業界紙 DigiTimes でも、
サプライチェーン関係者の話として廉価版 iPhone の
うわさを掲載しています。試作品を実際に見たという
関係者の話では、廉価版 iPhone は
「全く新しい外装デザイン」を採用するだけでなく、
面白いことに「より大型のディスプレイ」を搭載していたとのこと。

たしかにハイエンドAndroid端末では
5インチがあっという間に主流になり、
メーカーによっては中身もディスプレイ解像度も
そこそこで画面は5インチ超のモデルを
新興市場向けに投入するところもあります。
廉価版 iPhone 説は忘れた頃にまたうわさになる
風物詩のようなものですが、ポリ筐体の廉価版のほうが
大画面になるとすれば面白い動きです。

なお、画像は中国製の iPhone 4 nano っぽいパチモノ。
今回のうわさとは特に関係ありません。 
http://japanese.engadget.com/2013/01/08/iphone/

旧モデルを実質廉価版として売り、
(メモリ容量の違いはあれど)なんとか単一商品を売るというビジネスモデルを
続けてきたアップルですが、
今度こそ公に廉価版として売りださなければいけない時が
きたのかもしれません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph010783
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- にゅうにゅうDXパック



コメント

  1. 名無し

    gmkzいらねーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング