(日露共同会見) TBS記者がつまらん質問をしてプーチン大統領がブチギレwww | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(日露共同会見) TBS記者がつまらん質問をしてプーチン大統領がブチギレwww

t (1)

TBS記者がつまらん質問をしてプーチン大統領がブチギレ!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



日露共同会見

空気読まずに
「ロシアが実効支配を強めているのに北方領土問題が解決できるのか」

前向きな雰囲気の中、TBSの記者が空気をブチ壊すかのように(意図してだろうが)
「北方領土がロシア側によって開発されてることをどう思うか」と質問。
プーチン「今カンペ受け取って質問したろ?お前に紙渡したヤツに伝えておけ。
それを根本的に解決しようってさっきから言ってんだろ
」と返答ww

詳細は以下
t (2)

TBS、おがたです。まず安倍総理にお聞きします。
北方領土の帰属問題が解決されない中、現地ではロシア政府による
インフラの整備が進んで外国系企業が地熱、風力発電施設の建設を
受注するなど、ロシアによる実効支配が強まっているという現実があります。
日本にとっては、受け入れ難いような状況になってると思いますが、
安倍総理はどのような認識をお持ちでしょうか?

そしてプーチン大統領にもお聞きします。
ロシア政府は今後も同じような政策を北方領土に対して
継続するお考えでしょうか?そしてその場合、日本との領土交渉への
影響というのについては、どのようにお考えでしょうか?

安倍:ご指摘のような状況は、確かに、日本の立場と相いれないわけでありますが、
今回の共同声明において、双方の立場の隔たりを克服しとあるように、重要なことは、
そのような問題を根本的に解消をするために北方領土問題を解決するしか
ないということでありまして、今回のプーチン大統領との合意を受けて、交渉を加速化し、
そして、平和条約の締結に向けて、努力をしていきたいと思います。

t (1)

プーチン:私が今、注目したのは、記者の方がこの質問を紙から
読み上げていただいたかと思います。 この質問をたぶん、ほかの人から
もらったかと思いますけれども、その人に対して、次のことを伝えて
いただきたいと思います。
この問題というのが、われわれが作ったものではなくて、それは過去からの
遺産であって、もう60年前からの過去です。それは私たちが真にこの問題を
解決したいと思います。そこに受け入れ可能な形で解決したいと思います。
もしこのプロセスにおいて、ご協力をなさりたいならば、この問題の解決に
際しまして、環境の整備が必要になってくる と思いますけれども、それは
よき関係を作ること、そして信頼…ということが重要であります。

もしこのプロセスにおいて、妨げを起こしたいならば、それも可能です。
そのためには、激しくて直接な問題、直接な質問をして同じような激しくて、
直接な回答をもらうことができるかと思います。
それは、それ以外の方法はないと思います。この地域なんですけれども、
ロシアとほかの地域と同じようなロシアの国民、 ロシアの国籍を有する
人たちが住んでいるわけです。

われわれがこの人たちの生活を考えなければならないし、この生活の水準を
考えなければならないです。そしてロシアのこの平和条約問題の締結に関する
ロシア側の立場がよく知られているものであります。
しかし、私たちがそのために集まったわけでなくて、私たちが集まったのは、
平和条約交渉の再スタートをして、 解決策を模索するために、
今回は集まったわけです。ありがとう。
matome.naver.jp/odai/2136724349220969001

TBSオガタ記者、世界へ赤っ恥。まぁ、これも仕事、仕方なかった。
それにしてもプーチン大統領、やっぱり怖いですねぇ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

001125
BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Limited Box

BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA



コメント

  1. 名無し

    プーチン大統領にケンカを売る社命とかブラック過ぎ・・・。
    まあ取りあえずTBSのレベルの低さはよく判った。こんな回答の読める質問を投げるとは・・・。

  2. 名無し

    ロシアなんかとは、関わらないほうが良いと思うけどな。
    平気で裏切るよw

    歴史は繰り返す。

  3. 名無し

    よくもまぁお互いが過去の遺産を克服しようと
    前向きに進もうとしてる時に、こんな質問できたもんだ。
    それにしても、あの溜息には笑ったなー。
    これくらい感情出さないと今の日本メディアには通じんだろ。

  4. 名無し

    ※1
    いや、そもそも質問ですらない。
    只の野次以外の何物でも無いよ。そらプーチン閣下キレますわw

  5. >>2
    ソ連じゃなくて?

  6. 名無し

    何故かビビりおののくチョンの姿が

  7. 名無し

    マスコミが工作しないようにプーチンから一言
    釘刺してもらった方がいいな!言葉で通じないなら・・・

  8. 名無し

    元KGBのプーチン大統領だと

    日本の糞左翼が暗躍してるの調査済みなのか事前に阿部首相が日本国内に糞左翼居る事を伝えてたのか

  9. 名無し

    ※5
    中の人は同じだろ
    つかロシア人は機会主義者、いうなれば商人みたいなもの
    利益が一致してれば裏切らないし、約束もそれをした時点では本気で守る気でいるんだよ
    ニワトリと同じで3歩あるけば忘れるけどな

  10. 名無し

    第二次日露戦争勃発して日本とかいう小さい島が消えるぞ…

  11. 名無し

    オガタ君、全世界に恥かいちゃったんだね

  12. 名無し

    日本のマスコミって総じてレベルが低いよね

  13. 名無し

    今米国と仲がすごく悪いから日本に手を出そうものなら冷戦再突入しかねない

  14. 匿名

    アメリカ次第。アメリカが許すなら解決するがアメリカがブチキレたら自民党はもちろん外務省までビビるからどうしようもない。正直言ってアメリカが中国に接近してる現状見ればアメリカ一辺倒の外交はもう古いと思うが。

  15. 名無し

    歴史を繰り返したいのは中国人だけかもよ

  16. 名無し

    今の時代他国に先制攻撃しようとする国はないと思うよ

  17. 名無し

    マスコミは日本で恥を晒してるだけでも腹が立つのに海外にまで恥を発信しないでほしい。
    これも日本を貶める工作なの?

  18. 名無し

    竹島・尖閣の問題で北方領土問題も話題になるようになってきた。
    ロシアとしては中・韓のやつらと同じようにみられるのは国際社会でのイメージが悪すぎると考えたのかもしれない。
    北方領土を手放しても利益になる何かを得る目的もあるのかも、そして前向きな交渉をする事でイメージアップを計っているのかもしれない。
    TBSはどっかの週刊誌のようなゲスな質問で世界に恥をさらしてイメージを悪くしたねw

  19. 名無し

    >>2
    現在進行形でウィーン条約・日韓犯罪者引渡し協定を反故にした国と同盟をしているのだから、その程度の裏切りを気にしてられない。しかも、この信用度皆無の国、北朝鮮とアメリカが戦争になった時、日本に戦争仕掛ける気なんだぜ。信じられる?日本を仮想敵国にする様にアメリカに促した前科もあるし。

  20. 名無し

    しかしプーチンの答弁は立派な答弁だな関心したよ
    この問題に対してロシアが真摯に考えているのだという事が伝わる熱を感じたわ
    かといって、ロシア全体の総意とはとても思えないのも事実w
    話半分で聞いてないと、寝首をかかれるのがロシアという国だ

    とりあえずTBSはツァーリ・ボンバでも食らっておけ

  21. 名無し

    日本人が単にバカってだけだろ、自分見てても気付くだろ

  22. 名無し

    >>21
    日本を貶めたいんだろうが、お前は日本人じゃないけどな

  23. 名無し

    かんぺw

  24. 名無し

    >>21
    日本人がバカかはわからんが、お前がバカなのはよくわかる

  25. 名無し

    >>1 だね

  26. 名無し

    お茶濁す質問するのが日本マスコミ・・・いや日本に限らず世界もパパラッチみたいな体質なんだから割り切るしかない

  27. 名無し

    売国奴オガタは業界から永久追放だな。

  28. 名無し

    プーチンがプッチン

  29. 名無し

    何で領土問題を解決にも向けてにも含んだ声明でこんな煽る質問するの?
    TBSってごみすぎるだろ。南朝鮮人と全く変わらんね。

  30. 名無し

    だいたいロシアも金がなくて困ってるんだから、なんで煽るわけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング