(もう休め) 働くシニア層は現在1192万人で6年連続最多更新!就業者の約2割を占めている模様 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

(もう休め) 働くシニア層は現在1192万人で6年連続最多更新!就業者の約2割を占めている模様

23 (2)

働くシニア層は現在1192万人で6年連続最多更新!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




23 (1)

60歳以上で働いている人(就業者数)は平成24年平均で前年比
17万人増の1192万人となり、6年連続で過去最多を更新したことが、
総務省の労働力調査で分かった。全就業者に占める割合は19・0%に達し、
ほぼ5人に1人が60歳以上となった。

年金の受給開始年齢の引き上げや高齢化などで、60歳の定年後も働く人が
増えている。若い世代の働き手が減っており、60歳以上の占める割合は
さらに高まる見通しだ。
10年前と比べると、60歳以上の就業者数は約310万人増加し、就業者に
占める割合も5・0ポイント上昇した。

60~64歳の全人口に占める、働いている人の割合は、昨年で57・7%となり、
60代前半では半数以上が働いている
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130427/biz13042723260043-n1.htm

体に無理が効かなくなってきている高齢世代。
できることなら、もう休ませてあげたいところなんですが、
受給開始年齢の引き上げの影響で、本人の意思にそぐわなくとも
働かざるを得ないという事情もあります。
まぁ、まだまだ元気と趣味で働いている人もいますが、現時点で
60代前半では半数以上も働いているという現実はちょっと驚きますね。
逆に若くて元気なのにニートとか、ちょっと日本がおかしくなってきています。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

4d25b2ca

004
逆転裁判5



コメント

  1. 昭和のジジババ

    お前ら昭和初期生まれは金が大好きでガメツイな

  2. 団塊だの老害だのとバカにはしてるがこの人たちが日本支えてきたのは確か
    糞なのは大したスキルもないのに無駄に高給な年寄り公務員と生保でパチやるような輩

  3. 名無し

    働くのはかまわないが市場価格で雇ってくれ。!! 昔 上司だったってだけで命令すんなよジーさんよ。
    お前はもう偉くね―の、ちゃんと指示に従えよ。ジジイ。!!!

  4. 年金もらえる年齢になっても働いている政治や警察OBの天下り先とかいい加減にしろ。

    日本全部の職業で65歳で全国統一退職扱いにしろ。職業困難の若者が増えすぎだろ(怒)50過ぎ、おっさんが偉そうにしてるの日本だけだよ。お前は、あと数年で退職だろうがふざけんな

  5. 匿名

    団塊世代の高齢者が働いたその金
    何に使うと思う?
    30過ぎたいい歳の息子家族の家のローンや高級ミニバンの足しになるんだぜ
    なにも働かないヤツばかりがニートじゃねえんだよ
    金や元気ある団塊親のスネがじりは意外にた~くさんいるんだよ
    お前のことだよ

  6. 名無し

    ニートの息子がいるから休めないんだ・・・

  7. 名無し

    >6
    言い得て妙

    親もいないのにニートな俺は一体どうすりゃいいんだろう・・・
    貯めはあるけどなんとも言えない

  8. 名無し

    ⏫お前は逝ってよし

  9. 名無し

    こんな状態だと若者の為に席を開けろとは一概に言えないね
    老人も生きる為に仕方なく働いてるわけだし

  10. 匿名

    馬鹿の一つ覚えみたいにアルファード買い替えてる同僚が沢山いる
    俺らの安月給かつ家族持ちで何故買えるのか?
    答えは親のスネかじってんのよ、その親はパチ屋の交通整理でいまだに働いてる
    安月給でも団塊親の援助で中流を維持してる若者世代が増えてる、ニートじゃないけど奴らにいいニックネーム付けてやってくれ

  11. 名無し

    若者の仕事を着実に奪ってるな まあ、年金出ないからしゃーないかw

  12. 北朝鮮のナポレオン核兵器アルティマ零式でJapan壊滅して人口激減で朝廷大国金迩煎塁万歳くそやろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング